最速で願望を現実化!!2019年も今この瞬間で行く!

最速で願望を現実化!!2019年も今この瞬間で行く!

いつもこのブログを読んでくださっている方も、初めて来てくださった方も、みなさん、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

といいながら、心のどこかで今年も何も、今この瞬間しかないんだよな〜と、若干自分で自分を批評しつつ、まぁでも便宜的にそう表現させてもらうのが便利なので書きました。

今日のテーマは「最速で願望を現実化する。」タイトル通り、まさにこれ1点につきます。どうせ願望があるなら、最速で叶えたいですよね。

でもその前に、かなり久しぶりなので、前回の記事投稿からちょうど3ヶ月が経ってますから、その間に起きた出来事なんかも含めつつ、徒然なるままに行きます。



引き寄せつれづれブログ:怒涛の10月末〜

まず、前回記事を書き終えたあたりから、校舎移転先の業務が膨大になり、特にお金の面で気をつかうのに疲れまくりました。だって数千万レベルのお金が動いたから。額が大きいからね、会社に迷惑かけられないし。

でも、やってみて楽しかった。一通り自分の好きな買い物も一緒にさせてもらったし、それにかかる費用は全額負担してもらえるし。

買い物も、数万円とかじゃないの、額が。70万とか80万とか、場合によっては100万超えてた支払いがもあった。もちろん大きすぎる金額は業者に任せてたんだけど、それでもこっちが調達した方が早いし安いし、

(依頼したら手数料取られるしね。あとは内容がよくわからなくなる、何をどれだけ使っているのか、とか。)正直こっちの方が詳しいし、ってなところは全部自分からの持ち出しで買い物したんだ。

最初は「・・・これ大丈夫かな、もどってこなかったらどうしよう」とか考えちゃうわけですよ。あと、「こんなの買って、あとでダメだって言われたらめんどくさいな〜」とかね。

全て校舎のための支出なんだけど、理解してもらえず許可降りなかったら全額自己負担ですから。それに、一括でそんな支払いするタイミングなんて、しかも現金でですよ、あんまりないでしょ?



あってもせいぜいマンション契約時の手付金くらいかな。あとは車の頭金とか。でもそれって結局自分のものになるから、あんまり怖くないんだけど、今回のはいわゆるスピード重視からきた建て替え、後精算だからね。

色々と制約や事情があって、本来移転工事なんかは3ヶ月くらい余裕をもって進めるものなんだけど、今回は約1ヶ月。契約日もズレこんだりしてたから実質20日前後。

それを無理やり進めてくれた業者さんには本当に感謝です。結論から言えば、今回の移転は大成功で、移転後、日本各地の各校校長やお偉い方が次々と見学にくるようになり、本社の方で、うちの校舎で導入した設備なんかを各校に本格的に導入するべきだ、なんて会議や稟議が出始めた様子。

ちょっと話はそれちゃったけど、そんな感じで、業者と同時に並行して物品の搬入、注文、下見なんかをしなきゃいけなかったから、もう授業どころの騒ぎじゃなかった。10月末〜11月なんてほぼ毎日朝から晩まで仕事してたし。

それでも移転がなんとか完了した後、見に来てくれたお偉いさんたちからは、よくこんな設計考えついたね〜、とかほめられてまんざら悪くない気分を味わえたから良かったけどね。

あとは、一時的にでも自分の手元から大きなお金がスポスポ動いて行く感覚が、僕のお金にまみれるプロジェクトを後押ししてくれた気がする。だって、数万円とかの出費じゃ、もはや何も感じなくなってしまったから。

自分の中で普通の感覚で扱えるお金のレンジが大きく広がってくれたのは良い副作用だと思う。

そんな感じで、大きな資金が投入されている僕の新しい校舎は、ちょっとやそっとの時代の流れには飲み込まれないような設備とせっけいにしてあるので、自慢になっちゃいますけど、・・・・良いですよ、正直。

地元の塾のどこにも負ける気がしない。「設備面では。」笑



だから、ハードが良くなったんだから、あとは中味だ〜!っていって仲間たちを叱咤激励しつつ、仕事を楽しんでます。

うん、楽しんでる、これが今一番近い感触かも。だって仕事に行くの楽しいから。

あ、でも今は別ですよ。例により長期休みには必ずくっついてくる講習会があるからね。今は冬期講習真っ最中。はやく終われと思ってます。笑 だって朝早いんだもん。夜遅いし。通勤ラッシュがイヤ。この仕事の一番の魅力は通勤ラッシュに巻き込まれないことなのに。笑

・・・というのは半分本気、半分冗談で、本音はやっぱり生徒たちが可愛いし、やる気が出てきて自らやり始めたりするのを見ると涙が出てくるし、そういうところが一番ですかね。

そんな感じで怒涛の2ヶ月が終わった頃、今度は冬期講習スタートじゃないですか。新学年のパンフレットや新カリキュラムの作成、それから異動に伴うデリケートな案内の作成や時間割の組み直し、テキストをガラっと変えるからそれへの対応にも追われるし。

そして毎日研修やら保護者面談やらミーティングやらで、なかなか朝ブログを書いてる時間がないし、夜もすぐ眠くなっちゃうから、とりあえずコメントいただけた方にはちゃんとお返事しながら、記事を書くのは正月にしようと決めてました。

そんな中でもやっぱり現実化は止まらない!

そんな3ヶ月間でしたが、その間にも現実化の波は止まらないんです。不思議なことに。その一部をご紹介しますね。

  • 内申点の大幅UPにより推薦獲得者多数!
  • 育てたいなぁと思ってた生徒の算数が一気に伸びた
  • 冬服が欲しいと思ったら、その日の夜に半額券ゲット
  • 高音域で声がある日突然出しやすくなった
  • リスニング力が上がってきた
  • 村松大輔さんの著書と出会えた
  • 非常勤講師が最高のタイミングで入ってくる
  • そろそろ娘に英語教育を、と思っていたらレプトン導入の話が転がり込んで来る

・・・等々。他にももっとあったんだけど、とりあえずパっと思いつくところとしてはこんなもんかな。



一番上の内申点なんて、本当にびっくり。確かにこの内申が固まる時期というのは基本、学校の先生が上げてくるのが基本。でもやたらめったらには上がらないし、基準があるからあまり下手なことは出来ない。

それなのに、一気に7上がった生徒とかいて、併願する私立高校の推薦がちょっと届かないかなと感じていたコがあっさり取れるようになってしまった。めっちゃ努力家だったし、なんとか合格させてあげたいなと思ってたコだったから、すごく嬉しかったですね〜。しかも3年間授業料無料の特待判定まで受けて。最高ですよね。

あとは小学生の女の子なんだけど、入ってきた当時は宿題はやってこない、注意したらやってはあるけどほぼ答え丸写し、とか、赤ペンで答えだけ書いて終わり、とか、授業中も話聞かない、なんてコがいて、

でもそのコはすごく根性があるんですよ。一回僕に、みんなの目の前で叱られたことがあって。僕もあまりにこっちの指示に従わないから、見せしめ(笑)で叱った。(教育関係者のみなさんはやっちゃダメですよ。感覚的に、やって大丈夫だと判断したときのみ、校長責任で叱り飛ばします。しかもガチで。笑)

そんな風に叱られて、もちろん後で「いいか、やれば必ずできるようになるんだから、期待してるからな、コツコツがんばれ」って励ましはするんですよ?

でも普通、そんな風に叱られたらビビっちゃって近寄り難くなるんだけど、その子は違うんですよね。叱られた直後に、「せんせ〜!今日は宿題ここまでしか終わらなかった!でも明日までにやってくるからそれまで待っててください!」とか言ってくる。

最初はあんなに反発してたのに、だんだん良くなってきたじゃん、頑張って教えてあげよって思うようになり、毎月月例テストを楽しみにしてたんだけど、なかなか本番では点数が出ず。でも、すごく評価してたある日、

なんかちょっと顔つき変わってきたな〜と思ったら、先月の月例テスト、見事にランキング上位にランクイン。なんなら上のクラスの子たちの成績までぶち抜いてます。思わずハイタッチしてしまいましたね。



あとは、個人的にボイストレーニングを受けてるんですけど、10月から月1回で。そこそこ有名な先生です、ちなみに。作詞した歌がレコード大賞も取ってたり、ご自身もずっと音楽の世界に身を置いている人です。

例に漏れず、僕はback numberが大好きなのでカラオケで歌いまくりたいのですが、あのバンドの曲って基本高いじゃないですか。だいたいカラオケで聞こえてくるときは女性が歌っていることが多いし。

で、張り上げでもしようものなら速攻で喉は潰れるし、完全な自己満足ですから、音程なんて不安定そのもの。聞いていられるものじゃない。

だからずっとあの音域を出して歌えるようになりたいなって思ってたんですけど、なかなかいざ歌ってみるとやっぱり喉が閉まっちゃって声が出ない。(わかりますよね、分かる方なら・・・・)

で、もちろん月1回のレッスンじゃ上手くなるはずないと自分では思っているので、先生に与えられた課題を、空き時間や休みの日を見つけてやりはするものの、全然効果があるのか分からない。

でも、なぜだか分からないんだけど、あの清水依与吏さんの音域が出る感覚があるんですよ、身体に。ホントに不思議なんですけど。

あるにも関わらず、いざ歌い出すとやっぱり出ない。でもあの声が出る感覚は再び襲ってくる。。。これの繰り返しだったんですよね。



例えば自分では絶対出せないボーカルの声ってのもイメージあるんです。例えばXJAPANのtoshiとかね。あとはB’zの稲葉さんとか。聖闘士星矢の主題歌を歌ってる影山ヒロノブさんとかね。絶対ムリって声がある。マネできないって。

でもなぜか清水依与吏さんはあって、自分でもなんでこんな感覚なんだろって、むしろ上に挙げた歌手より清水依与吏さんの方が高いかもしれないよ、くらいなんですけど、そんな感覚だけはあった。

でもとりあえず今は与えられたトレーニングを積んだら、その先に何か見えるかもしれないと思って、愚直にコツコツやり続けていたある日、

あ、喉を開きながら高い声ってこうやって出すんだ・・!っていうポイントというかスイッチみたいなのが入った時があったんです。あ、ちなみにその時歌ってた歌は・・・忘れました。笑

で、もしかしてこれならイケるかも!と思って、試しに僕の小学生時のバイブルと名高い聖闘士星矢の主題歌「ペガサス幻想曲」を歌ってみたんです。ちなみに、幻想曲と書いて「ファンタジー」と読みます。「ペガサスファンタジー」。ぜひ一度聞いてみてください。名曲です。

そしたらね、何と!あれだけ難易度高く、そして張り上げても全っ然出なかった影山さんの音が出たんです!超感動。うわ、出てる〜!っていうかこの歌こんな風に歌える日が来るなんて思っても見なかった〜!なんて思いながら完唱しました。

完全に自己満足ですけど、それでもこの声の出し方がわかったのはデカいんです、ホントに。あのback numberの曲のほとんどがこれで乗り切れる。しかも声が枯れない!歌が大好きな僕にとってこんなに嬉しいことはありませんでしたから、その日の夜はアゲアゲでしたね。

でもそのスイッチがたまに入らなくなる時があって、これはまだまだ練習を積む必要があるなと思ってるんだけど、ここ最近カラオケが楽しくて楽しくて仕方ない。歌の練習も、歌うこと自体が好きだから、楽しくやれたのが良かったんだと思います。ボイストレーニングとは言っても義務感ゼロですしね。



あとは、村松大輔さんの本と出会えた、というのは、・・・先に本のご紹介ですが、↓

村松さんは、歳はおそらくとても近いか少し上の方。東大工学部出身で、めちゃくちゃ頭が良い方だと思います。やっぱり東大ですからね。ただ、個人的に塾を経営されていて、僕がこんなことやりたいなって前回の記事で話をしたようなことを、すでに実践されている方なんです。

あぁ、こういう実践方法があるのか!って素直に学ばさせてもらいました。出会いは、本当にたまたまです。僕のKindleで本を検索していたら、あなたにオススメの本、みたいな欄に村松さんの本が出てきていて、試し読みしてみたらすごく引き込まれたから速攻でポチったのがキッカケです。

似たような仕事、似たような考え方の方が活躍されている、こんなに勇気付けられることはないですよね。もちろん、僕の学力は遠く及びませんが。笑(僕は地方国立大の出身です。一応理系に該当しますが・・・。)

でも、そんなの関係なく、今子供たちに必要なことはコレだと思っていることがあって、それを実際にカタチにして動いてくれているのが頼もしいし嬉しい。

だって、それで上手く行くって証明してくれているからね。自分でリスクを取りながら試行錯誤する、というプロセスが省かれる。

すごく勇気をもらえた出会いでした。一度実際にお会いしてみたいですね。(ちなみにこの記事は僕の祖母がいる群馬県で書いていますが、村松さんも群馬出身!なんか嬉しい。)

他にもた〜くさんあるんですけど、これ以上書くと本題にたどり着かない気がしてきたし、ちょっと腰が痛くなってきたのでそろそろおしまい。とにかく、意識しなくても、一度心に思い描いてしまったら、それが現実化するのはもう「わかっている」レベルまで来れている実感が強い。

で、ぜひこの感覚をみんなにも伝えたいし、僕にできることはみんなにもできるってわかってほしいから、いよいよ本題!



2019年 願望の現実化プロジェクト

ということで、願望の現実化プロジェクトを立ち上げます。やり方は超簡単。この記事に自分の願望を書き込んで宣言するだけ。めちゃくちゃありきたりでしょ?でも、そもそも現実化させるのに、◯◯しなきゃいけない、なんてことないんです。

要はね、みんな決めてないだけなんですよ。現実化することを。現実化させることを。自分もそうでした。どこかで現実化しなかった時の言い訳、逃げ道を最初から作ってる。叶わないと感じる時に、少しでもダメージを減らすために。傷つかないようにするために。ほらね、叶わないでしょ?知ってたんだ〜って言えるように。

でもそれじゃあ「願い通り」叶わないよね。よく色んな本にも書いてある通りです。やっと自分も腑に落ちてきた。

もうそれも終わりにしましょう。叶わないと考えるのをやめる。だってなんでも叶うんだから。自分に必要なことは必ず起きるようになってるし。

今すぐ願いを叶えることを「決めて」ください。逃げ道なんて作らずに、必ず現実化すると決めてください。大きい目標とか、物がメンタルブロックになりがちなら小さなものからでいい。

例えば10円拾う、とかね。誰かから本をもらう、とか。なんでもいいので自分が確信を持てるものからスタートしてもいいです。

で、これもよく言われてることだけどその通りなのでいいますと、書くときの、・・・いや普段からの気持ち(発信するエネルギー)を、すでに叶ったものとして書く。



◯◯がしたい、とか◯◯が欲しい、じゃなくて、◯◯になることが決まっている、◯◯が手に入ることが決まっている、私は◯◯だ、僕は◯◯だ、と宣言系にしてください。そっちの方がエネルギー的に良いからです。

あと、よく日付を入れろとか本に書かれているんだけど、そもそも日付を入れること自体、心に逃げ道を作りやすいから、僕はあんまりオススメしません。オススメは、自分に必要なタイミングで、とか、ベストなタイミングでそうなる、が良いです。

で、書き込んだらあとは忘れる!笑 一度決めたら何度も反復して蒸し返す必要はありません。みんなで遊び半分、決めるときはガチでやってやりましょう!

最初はこの記事にガンガン追加していこうと思ってんだけど、よく考えたら使い勝手が悪くなるかもしれないから、次の記事に専用の宣言欄を作ります。

楽しくやりましょう!これで最速で願望の現実化が始まります。

それではまた!

ヒロユキ

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

« HOME »

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. にぃに より:

    自他ともに驚くほどの引き寄せマスターで幸福を具現化できている。
    好きな人の方からもっと仲良くなりたいとLINE交換をして話し相手をしている。
    年収800万円になって一生お金に自由な生活をしている。

コメントを残す

*