引き寄せ実践9日目

セレンディピティを大切にする

9日目です。セレンディピティって言葉を聞いたことがありますか?

serendipity、日本語に訳すと、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること

とあります。僕は偶然という名前の必然と捉えてますけど、今日はちょっとその辺りにフォーカスして記事を書いてみたいと思います。



以前、セレンディピティって映画もありましたよね。偶然出会った2人に巻き起こる素敵なラブストーリーなんですが、

登場するヒロイン・サラが相手のジョナサンにこういう言葉を発します。

Jonathan: I don’t understand this.
Sara: You don’t have to understand. You just have to have faith.
Jonathan: In what?
Sara: Destiny.

ジョナサン:何をしようとしているのか理解できないよ
サラ:理解しなくていいのよ。ただ信じて
ジョナサン:何を?
サラ:運命よ

※セレンディピティ 2001年より引用

もし2人に運命的なものがあるとすれば、別々にエレベーターに乗っても同じ階のボタンを押して必ずめぐり合わせてくれる、

という趣旨のコトを言ってエレベーターに乗り込んでいくシーンですね。



ハイヤーセルフと自分

ここでちょっと脇道に逸れてみたいと思います。ハイヤーセルフって聞いたことがありませんか?

「高次元の私」です。「工事現場の私」ではありません。

よく、物事を最初から最後まで見通している存在、という表現で説明されることが多いのですが、まぁ「本当の私」という感じでしょうか。

ハイヤーセルフとは何ですか? 5分でわかるスピリチュアル

今、このブログを読んでいるあなたが自分だと思っている「私」というのは、

正確にいうと「本当の私」ではなく、「本当の私」のごく限られた一面でしかありません。

これ、文字で表現するの難しいですね・・・。

ちょっと想像してみてください。

自分を2人に分けて、片方の自分をどんどん空高く舞い上がらせます。想像だから簡単ですよね。

もう1人の自分は地面にいるままでいいですよ。

この空に舞い上がらせた自分の名前を「本当の私」という名前にしてみましょう。



地面にいる方は「私」のままで。あ、ちなみにこの2人の私は言語による「会話」はできないとしますね。

「本当の私」と「私」が買い物に行こうって思い立って家を出発します。

バスに乗って電車に乗って目的地に行こうとしますが、

実はこの時電車が機械トラブルでしばらく立ち往生してしまい、なかなか動き出していないとします。

「私」の方はそんなことは全く想定しておらず、いつも通りバスに乗って駅に向かってしまいます。

でも「本当の私」は電車が止まっていることを知ってるわけですよね、

だって視点が高くて遠くを見渡せますから。あ、動いてない、電車使えない!って。

でも言語による「会話」ができませんから、なんとかしてそれを「私」に伝えようとします、電車使えないよって。

別のルートで言った方がいいよって。その時に「本当の私」はそのことを、エネルギーで伝えるしかありませんよね。言語は使えないから。

例えば車で言った方がいいってことを伝えたかったら、それを伝えるエネルギーを「私」に送ります。

すると、「私」はなんだかふと「今日は何だか知らないけど車で行きたいな」と思ったり、

気持ち良さそうに軽快に走る車をみて、「あぁひさしぶりに車に乗りたい!」って思ったり。

この時、「私」は自分の何だかわからないけど、ワクワクする感じに沿って行動してたら、

きっとバス電車ルートをやめて、車で行くことに変えますよね。

でも、車に乗りたいけどもうバス来ちゃうし駐車場とか空いてなかったらヤダし、渋滞に巻き込まれる恐れもあるし・・・と、

まだ起きてもないのに起こって欲しくないことばかりを想像していると、

せっかくの「本当の私」からのサイン、インスピレーションを無視していつも通り行ってしまう。

駅についてから電車が動いてない事実を知り、「あぁ車で行けばよかった」となるわけです。

そんなの路線情報で事前に調べておけば解決するじゃん!って突っ込みはなしで。たとえ話ですからね。笑



ハイヤーセルフは全てを見通している

このようにハイヤーセルフは、買い物に行くための最適なルートだけでなく、過去や現在や未来(と呼ばれる今この瞬間)や、過去世、現世、未来世(と呼ばれる今この瞬間)全てを見通している存在です。全てを知っています。この世に生きている、身体という乗り物を持った3次元の世界の私が経験している全てのことを知っています。

せっかく自由自在の存在なのに、不自由な(瞬間移動したり自由に欲しいものを取り出したりできないって意味ですよ)、

色々な制限を持つ重たい身体を持ってこの世に降りて来た本当の理由も知っています。

引き寄せ実践5日目

だから、実はハイヤーセルフに全部任せてしまえば本当に楽な生き方ができるんですね。

だって「私」じゃ目の前の現実しか見えないでしょ?この先起こること、やっておいた方がいいこと、経験しておくべきこと、全部ハイヤーセルフなら知ってるんです。

じゃあ常にハイヤーセルフに教えてもらった方がいいに決まってるじゃん、どうやったらハイヤーセルフに教えてもらえるの?って疑問がわきますよね、次は。



ハイヤーセルフからのサインを受け取るには

ただ、ハイヤーセルフは常に側にいて、ああしなさい、こうしなさい、これを勉強しておきなさい、この株を買っておきなさい、

なんて、手紙のような指示書を出してくれるわけではありません。だから、わからないんですよね、

今の自分のやってることが目的地に正しく向かっているかどうか、なんて。

でも、あるんです、実は。正しいと確実に判断できるインジケーターが。

・・・気になりますよね。

ハイヤーセルフからのサイン、インスピレーションを受け止め、ちゃんとその通りに行動できているかどうかをチェックする方法がある。

それは・・・、

感情に注意すること

です。もっと言えば、ワクワクするかどうか、楽しいと感じられるかどうかです。

今やっていることがワクワクして仕方ないのであれば、それは100%ハイヤーセルフからのメッセージを受け止めている証拠です。

もうそれを徹底的にやれば、完璧に良いことしか起こりません。

逆に「つまらない」「やりたくない」などの感情が起こることであれば、

それはそれじゃないよ、ってハイヤーセルフが教えてくれているってことですね。



だから、happyさんも動画で言ってますけど、

学校に行かなきゃいけない、でも行きたくないっていうなら、それはその人にとっては正しくないわけです。

その人にとっての真実は全然別のところにあるってことです。

学校に行かない方が人生が充実するってハイヤーセルフが知っていれば、いろんな形でその人にサインを送ります。

それは時には「いじめ」という形でその人にメッセージを送ってくるかもしれない。

もう少し言えば、今回この世に降りて来た理由は、学校に行かなくても素敵な夢を叶えられる存在として、

世の中にメッセージを送る存在になるため、かもしれない。

だから、「みんながやるから」って理由だけで誰かに何かを強制するのっておかしいし、そんな権利ないですよね。

そもそも他人は変えられないし、変える権利もない。その人にはその人の生きている理由があるんだから。



セレンディピティはハイヤーセルフからのメッセージ

ここで今回の記事のタイトルに戻りますね。ここまで来たらもうお察しのことと思いますが、実はこの世の中に偶然なんてないんです。

全部必然なんです。

自分に起きる全てのことは「必要」だから起きている。それが時にはその人にとってイヤだと感じることも含めて。

そしてそれは今よりも「よくなるための変化あるのみ」なんです。



昔、この言葉は父親がよく口にしていましたが、少年だった僕には何のこと言ってるのかさっぱりでした。

でも今になってこの言葉の意味と、あぁこれは僕のハイヤーセルフが父の口を使って、あの頃からメッセージを送ってくれていたんだなって思えます。

そう考えると、全ての出来事、全ての人、全ての存在が自分のためにあるってわかりますよね。

本当に、全てが「感謝」に変わるんです。

感謝はするものじゃない、湧き起こるものだって、確かにそうですよね。

ハイヤーセルフからのメッセージを常に受け取りたければ、常に自分にとってのワクワクに従って行動することです。

よく成功者が「自分の好きなことだけやりなさい」なんて言ってますよね。これ、核心をついた言葉だと思います。

ハイヤーセルフからのメッセージに従って生きたから成功したわけですからね。

逆に、誰かが決めたルールに縛られて、嫌々やりたくないことやっている人は、

メッセージの受信機が故障しちゃって、ワクワクを感じるどころか、何をすると自分がワクワクするのかすらわからなくなってしまう。

だからそういう人は、まず受信機を元に戻すことから始めましょう。

一番のおすすめは、ちょっとしたホっとすることをするです。

毎日5分でもいいからその時間を作ったらいいですよ。そしたら次第に受信機の感度が戻って来ます。

例えば、コーヒーが好きなら、自分の居心地の良い場所で毎日5分はコーヒーを飲んでリラックスする時間を作る、とかね。

そうすると、次第に感度が戻って来て、あ、これやりたいな、とか少しずつ湧いてきますよ。

騙されたと思ってぜひやってみてください。

僕はお風呂や温泉に使った時の、「あぁ〜〜・・・気持ちい〜・・・( ´ ▽ ` )」ってあの感覚が好きなので、なるべく毎日入るようにしています。

お風呂の中って結構インスピレーションが降りてきやすいのは、それがあるからなんですよね、自分の場合。

どんどん記事を書いていきたいんですけど、長くなりそうなので、一旦ここで切ります。

奇跡を書くって書いたのに、そこまでたどり着かなかった、ごめんなさい。笑 次は思い切りそのタイトルから始めますので!

本日のアクセス10!

ヒロユキ

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

« HOME »

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. より:

    初めまして。
    いつも読ませていただいております。

    願望を抱いた時点で、叶うことは決まっている、あとは毎日5分で良いからホッとする時間を作ろうと思います。

    ただ、どうしても引っかかるのが、私の好きな人は自動車学校の先生で、妻子持ちで、家庭も円満そうです。
    初めは妻子持ちな時点で、好きにならないでいようと思いましたが、どんどん好きになってしまいました。先日、自動車学校を卒業したので、もう会う機会もないですが、その人と結ばれたいと思ってしまいます。
    でも妻子がいて、家庭も円満なのに、私が引き寄せを実践する事自体罪なのかと思ってしまいます。

    どうゆう考えを持てばよいでしょうか。

    1. ヒロユキ より:

      に ぷさん
      コメントありがとうございます。

      好きになってしまった相手が妻子持ち。。。。
      よくある状況ですよね。
      引き寄せを実践することが罪なはずがありません。笑
      それで現実化するなら、それでOKなんですよ。そうなる運命だったってことです。
      どんどん好きになってしまうなら・・・・

      どんどん好きになっちゃいましょう!
      妻子持ちの男性を好きになったらいけないって「誰が」決めたんですか?(^^)

      毎日ワクワク過ごしてください〜!

      ヒロユキ

      1. より:

        お返事ありがとうございます!
        もうお会いする予定もない人でもワクワクしながら過ごしていれば、会える機会があるとゆう事でしょうか?

        ひろゆきさんのブログに出会い、願望を抱いた時点で叶う事が決まっているのなら、その人の事を、無理に忘れるのはやめよう。好きな気持ちを認めようと思いました。

        1. ヒロユキ より:

          ぷ さん

          >好きな気持ちを認めようと思いました。
          最高ですね!それでいいんですよ~。
          ○○しなくちゃ「いけない」はワクワクしませんよね。真逆の波動ですから。
          小さなワクワクにしたがって行動すれば、少し大きなワクワクが現れます。
          その積み重ねですよ。

          ヒロユキ

  2. より:

    お返事ありがとうございます!
    妻子持ちの方でも好きになっていいと言っていただけて、本当に嬉しいです。

    ただ、自動車学校を卒業したので、もう会う機会がなく、悲しい気持ちになってしまいます。

    また、その方は現在、家を建てている最中らしく、本当に家庭円満なんだろうなと思います。

    でも、今がどんな状況であっても、願ったことは叶うのであれば、ホッとする時間を作り、お布団に入った時は、好きな方とお付き合いしている状況を想像しながら過ごそうと思います。

    ありがとうございました。
    これからも、ブログを読ませていただきます。

  3. ごん より:

    「本心に従って生きる」ということでしょうか?
    僕は「ギターを弾けるようになりたい!」と心から思っているのですが「練習は面倒くさい、やりたくない」と矛盾した感情が湧き上がります。そういった場合、どうしたらいいのでしょうか?

    1. ラマ より:

      ごんさんはギターで弾いてみたい曲はありますか。

      私はギターを弾くのが大好きです。毎日30分は弾いています。
      練習をするのが面倒くさいという気持ちになることはあります。
      それでも1曲だけやってみよう、と弾いてみると楽しくて結局いつもやっている曲全てを弾いています。

      理想が高すぎると、弾いてもうまくなれないような気がして、一歩を踏み出せない感じがします。弦をはじく感覚と音を楽しんでみて下さい。何度弾いても毎回同じ演奏にはならないので、わずかな違いや上達していることに気づいたりして、楽しくなりますよ。

      後は、温かみがあって励ましてくれる先生などがいると、とてもやる気が出ます。習ってみるのもいいかも知れませんね。

      1. ヒロユキ より:

        ラマさん

        こんにちは、初めましてですよね。

        ごんさんへのご返信ありがとうございます。うっかり見落としてしまっておりました。ごんさんのおかげで気づけました、本当にありがとうございます!
        >理想が高すぎると、弾いてもうまくなれないような気がして、一歩を踏み出せない感じがします。
        まさにこれですよね。ちょっとした一歩から始めてみる。大切だと思います。

        ヒロユキ

コメントを残す

*