引き寄せ実践12日目

偉人たちが実践した引き寄せの証拠

こんにちは、引き寄せ12日目です。今日は過去の偉人たちが残した名言から、引き寄せの法則が作用していたことを検証しますね。



引き寄せの法則を証明した偉人たち

僕の中で引き寄せの法則のことを思いっきり伝えてくれてるなという有名人をピックアップしています。

もうこの世を去った(肉体から離れて仕事を終えた)方から、まだ現世で楽しまれている方まで、ざっと行きます!

Apple創業者 スティーブ・ジョブズ


いきなりのタイトルで驚くかもしれませんが、事実ですよね。スティーブ・ジョブズがこの世に残してくれたモノは、とても好きです。

今自分が使っているこのiPadもiPhoneも、本当にセンスが良い。世の中を一変させたデバイスですよね。

彼はAppleの製品だけでなく、様々なメッセージを残してくれました。その中のいくつかをご紹介。

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

もし、今日が人生で最後の日だとしたら、今やろうとしていることが本当にやりたいことだろうか?



このメッセージは有名ですよね。スタンフォード大学での卒業式典で、ユーモア溢れるスピーチとともに残した言葉です。

これを毎日鏡を見ながら自分に語りかけたそうです。わかりますか?毎日自分に向かって、今日が最後の日だとしたら・・・とエネルギーを送り続けるわけですね。

明確に自分の人生が今日で終わる事を日々イメージするわけですから、そういう現実にどんどん周波数が合いますよね。

この世を離れるということ = この世での仕事を全うし終えること、で、「本当の私」である魂自身が納得するまでは終わらないんです。

その意味では、スティーブはある意味、自分がこの世を去る時を知っていたんですね。ガンという形で、56歳の若さでその時を迎え入れた。

本来、自分がやりたいことを見つめ直すにはとても良いメッセージだと思います。全く否定するつもりはないですが、

そういう事実があったということですね。もっと長く生きていて欲しかった方のひとりです。一度でいいからお目にかかりたかったなぁ。



京セラ創業者 稲盛和夫


JALを見事にV字回復させた最強経営者であり、名著を多く残す作家でもあります。

僕は稲盛和夫氏の「生き方」に心を揺り動かされて、今の仕事を選んだ経緯があります。

本当に感謝しています。またそれをプレゼントしてくれた、元職場の先輩も。僕が退職する時の飲み会の前に本屋で買ってくださったんです。

そう考えると全部が繋がってますよね。だから、ハイヤーセルフは全てを知っていると確信を持って伝えられるわけです。

ハイヤーセルフは僕の人生のパイロット、機長です。そして自分が副操縦士。機長に全てを委ね、副操縦士にできることを全力でたのしむ!

すみません、少し話がそれましたが、その「生き方」の中でこういう言葉を残しています。

求めたものだけが手に入るという人生の法則

(中略)

いいかえれば、その人の心の持ち方や求めるものが、そのままその人の人生を現実に形づくっていくのであり、

したがって事をなそうと思ったら、まずこうありたい、こうあるべきだと思うこと。

それはだれよりも強く、身が焦げるほどの熱意をもって、そうありたいと願望することが何より大切になってきます。

※生き方 稲盛和夫 より引用



KDDI(現AU)や京セラでの数々の業績と、稲盛和夫氏が残したメッセージこそが引き寄せの法則にほかなりません。

今、久しぶりに「生き方」を開きましたが、やっぱりいいですね。大切にしようと思っていた考え方を、

またはっきりと思い出すことができました。この記事を書こうと思い立たせてくれたことに感謝!

ちなみにバシャールのいうワクワクツールキットのことも稲盛和夫氏は触れています。

私は長くモノづくりにかかわってきて、そのような「偉大なもの」の存在を実感することが少なくありませんでした。

その大きな叡智にふれ、それに導かれるようにして、様々な新製品の開発に成功し、人生を歩んできたといっても過言ではないのです。

(中略)

精密な設備を使って理論的な実験を重ねたわけではありません。京都のちっぽけな硝子メーカーの、名もない一研究員が、

徒手空拳のまま行ったことが、世界のGE(ゼネラルエレクトリック)に匹敵する成果を上げたーまぐれ当たりとしかいいようのない幸運ななりゆきでしたが、

しかし不思議なことに、そうした幸運はその後もずっと続き、・・・

(中略)

その創造の瞬間は、人知れず努力を重ねた研究生活のさなか、ふとした休息の瞬間であったり、ときには就寝時の夢の中であったりします。

(中略)

その知恵の蔵の戸を開いて知恵を得るにはどうしたらよいのか。それには、


燃えるような情熱を傾け、真摯に努力を重ねていくことしかないのではないか。

つまり何かを得ようと、よい思いを抱き一生懸命頑張っている人に、神は行く先を照らすたいまつを与えるように、

「知恵の蔵」から一筋の光明を授けてくれるのではないでしょうか。

※生き方 稲盛和夫 より引用



これって、まさにこれじゃないですか?↓↓

  1. 自分が一番情熱的になれるものを
  2. 自分の能力を最大限に使って
  3. 結果に対する執着をゼロにして行う

やはり一流の方は、知らずしらずのうちに人生の心理を体得するものなんですね。本当に素晴らしいと思います。

僕が前職を離れた約8年前に、すでにバシャールの言葉を変えて僕に働きかけてくれていたんですね。

それでもまだ本当の意味で理解しきれないから、僕のハイヤーセルフが、より優しくて単純な言葉で、

バシャールからのメッセージを届けてくれた。本当にありがたい。理解が遅くなってすみません!笑

いや、今だったんですよ、僕が理解するタイミングが!このタイミングがベストだったんです!笑 でも、本当にありがとう。



天才物理学者 アインシュタイン


相対性理論など、20世紀の人に選ばれた、言わずと知れた天才アルベルト・アインシュタイン。

物理学者って物理を探求していくんで、やっぱりエネルギーがこの世の正体であることを突き止めていたんですね。

Everything is energy and that’s all there is to it.

Match the frequency of the reality you want and you cannot help but get that reality.

It can be no other way. This is not philosophy. This is physics.

万物はエネルギーであり、それが全て。

自分が望む現実の周波数に自分を合わせれば、現実は自ずとそうなる。

それ以外にはなり得ない。これは哲学ではない。物理学なのだ。

※アルベルト・アインシュタイン



これ、もはや「まんま」です。さんまのまんまです。個人的に、もう少し量子力学の謎を解きほぐして欲しかったな〜と。

量子力学って引き寄せの法則を説明するのにとても有効なツールですよね。とても深みにハマっちゃいそう。研究したい!

本日はここまで!これだけの人たちが同じことを言ってるんだから、さすがに引き寄せの法則、腑に落ちるでしょ?

これが僕だけしか言ってなかったら相当怪しいですけどね。ちなみに信じる・信じないは関係ありません。法則なんで。

万有引力の法則と同じ。信じようが信じまいが、高いところから飛び降りたら地面に叩きつけられる。

引き寄せの法則も同じ。信じようとそうでなかろうと、心の中で欲したものを現実に呼び込む。これだけ。

でも問題なのは、自分が望んでることが自分でよくわかってないことなんですよね。笑

だから、欲しい!と決めてしまえば楽じゃないですか?無理に、別に欲しくないし・・・とかスネなくても。

欲しいものがわからなくなってる人は、人に強制された人生を歩み続けて、疲れちゃった人です。

ホッと一息つける休息の時間を持つことをおすすめしますよ!

それではまた!

本日のアクセス6!

ヒロユキ

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

« HOME »

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*