引き寄せの法則 観念は瞬時に植え付けられる

ようやく引き寄せの法則ブログに戻ってきました。

みなさんお久しぶりです。前回の記事更新から1ヶ月経ってしまいました。まぁこの間に色々とありました。

まぁ生きているわけですから、色々ある方が普通ですけど。↓





前回記事で体調不良を引き寄せたって書きましたが、こんなのあんまりやるもんじゃないなと思いました、正直。

前からずっと不思議に思うことがあるんです。プラスに考えることとマイナスに考えることって、後者の方が圧倒的なパワー持ってませんか?

プラスのことよりマイナスのことの方がすぐに現実化するイメージがある。

・・・という観念を持っているからなんでしょうけどね。

季節的なものと重なって、ここを抜け出すのは長かった。しかも身体をリフレッシュさせるために体温上げたかったのに、なぜか医者の言う通りに3週間ほど、薬を飲む生活を続けてしまった・・・。

逆効果だよね。薬は体温を下げるから。自分でもなんでこんなことしたんだろうって不思議に思うくらい。

最初の潰瘍の対策の薬は仕方ない。まぁそれも一手だよね、みたいな感覚で3日間飲み続けた。

けど、そのあとの風邪症状に対しては、自ら耳鼻科に行って薬を求めてしまっていた自分がいた。そんなこと今まで一度もしたことなかったのに。

あれだけ薬は飲む必要がないって思ってたのに、医者に飲めって言われただけで継続して飲んでしまう。

薬を飲まないとアレルギーが引かないよ、飲んだ方がいいよ、と医者が言ったその一言だけで自分の中にそういう観念が出来上がってしまった。

だから飲まないと不安になる。だからまた飲む。この繰り返し。

でもふと思い出した。自分の生き方を決めているのは自分。この現実世界を作り出しているのも自分。

だから薬を飲まないと引かないと思っていれば飲まないといけない世界にいることになる。

僕はその世界はイヤ。だってエネルギーがめっちゃ下がるもの。飲んでる間、ず〜っと気だるかった。なんからしくないっていうか。

だから、「薬は必要ない、それを教えてくれてありがとう、もう僕の体にそれは不要」という観念に置き換えた。

どんな観念を持っているかを知らないと、入れ替えようがないから。

それにしても、誰に言われるか、そしてその時自分がどんな状態なのか、ってとても大事だなって思いました。

今までなったことがない症状になり、医者にこうしろと言われただけでそうしなきゃいけない!って思い込んでしまった。

きっと、洗脳ってこんな感じなんだろうなって思う。良いか悪いかというよりも。

何かにすがる思いでやってきた場所で、あなたはこうしなきゃダメだ、もっと大変なことになるっていう観念を植え付けられたら、そこから自力で抜け出すのは相当大変だと思う。



話は戻りますが、別に薬を否定しているわけじゃないです。ただ、それを決めるのは自分だってこと。

薬を取り入れるのも、辞めるのも自分の意思でやるべきで、それを何も考えずに慢性的に自分の生活の一部に取り入れるのは、すべきじゃなかった。

何か衝動的に、そして最初に書こうと思ってた内容と全く別のものになってしまったこの記事、

きっと誰かに役に立つから、こういう流れになったんだと思う。

この数十億人いる世界の中で、たった一人にでも役に立つと思ってもらえたら、もうそれだけで意味があると思える。

なんのとりとめもない話でしたが、また今日からしっかり記事を書いて行きます!

それでは、また!

ヒロユキ

PS
この1ヶ月、ブログを放置していたにも関わらず、昨日のアクセスが過去最高を記録しました。みなさん、ありがとうございます!

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

« HOME »

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*