引き寄せの法則 現実化がまたまた起きた!

引き寄せの法則 現実化がまた起きた!

久しぶりの投稿です。前回の投稿からまた日数が経ってしまいましたが、投稿はしてないものの、現実化は引き続きたくさん起きていますよ。

完全に自分の備忘録として書きますが、現実化のプロセスは本当に無限で、自分の小さな枠組みをぶっ壊してくれるくらい、想像の外側からやってきます。

良かったら参考にしてみてくださいね。



引き寄せの法則と現実化1

まずは分かりやすいところから・・・。

このブログを始めた当初に、自分の「叶えたいリスト」のようなものを書きました。↓

引き寄せ実践2日目

今思うと、なんか本当に一年しか経ってないのかっていうくらい、言ってることが幼いというか、分かってないな〜って思うこともあり、読み直すのも億劫。笑

途中から「引き寄せの法則」という言葉自体にも違和感を感じるようになってきてたし、まぁでも言葉にすると、この言葉に落ち着くのかなぁという程度で、

だいぶ当初の「引き寄せがんばるぞ!」とはテンションが違います。

なんていうんだろう、そもそも頑張るものじゃないしね、これ。まぁ本当にいろんな経験をさせてもらいました、この一年。でもそのおかげなんだけどね。

で、話を戻すと、ここに「カラオケバトルに出場して決勝に残る」って書いてありますよね。

で、まだこのカラオケバトルには参加してないんですが、(というかまだやってるのかなあの番組・・・。)

先日の記事の中でお伝えした通り、「歌うこと」に思い切りフォーカスしてみようと、歌うことに対しての抵抗を一切無くして行こうと決めました。↓

引き寄せの法則 ワクワクとスピリチュアルと

そうしたら、親友のジョーさんがどこからともなく歌手の「オーディション」の話を持ってきた。



このオーディション、発見したのが締め切りの2週間くらい前だったかな。

オーディションなんて言葉とイベントが、まさか自分の人生の中に現れるなんて思ってもみなかったんですが、せっかくなんでチャレンジすることに。

この時思ったんですけど、芸能人とかモデルとかTVとか雑誌とか歌手とか、そういう世界って何か最初から自分とは無縁の世界なんだって思ってたんだけど、

探そうと思えばいくらでも転がってるんですね、そんな世界。しかもとても身近なところに。

勝手に特別扱いして、勝手に自分には関係ないことにしていたのは自分でした。

まさに「すでにそこにある」です。自分が見ようとしていなかっただけで。

あるんです、すでに。そこに。

これ、引き寄せの法則と呼ばれる世界の、みなさんが求めているものの「本質」です。

次の記事で書こうと決めているので今ここでは掘り下げませんが、興味があれば次の記事も読んでくださいね。

さてさて、そのオーディション。結論から言うと・・・↓↓

なんと合格。(笑)← 注意 いや、嬉しかったですよ、それなりに気になっていたので。



ただ、なぜ笑うかと言えば、

これはやってみての感想なんですが、

(ある程度普通に歌える人ならみんな合格なんじゃないの?)

って感じたからです。時間もすごく短かったしね。

だからね、正直、あまり「やった〜!!」という感じではなかったです。

仕組みがさ、確かに毎月のレッスンは無料、CD等デビューする際の費用は全額オーディション会社が負担、という感じでいいなと思う反面、

毎月のノルマがあって、月1でライブをしなければいけない、しかもそこに最低6人を参加させなければいけない、

もし参加させられなかった場合は自己負担。

チケット代が2000円なので、仮に誰も来てくれなかった場合は12000円が自腹。

瞬時に僕は計算しちゃいましたね、その話を聞いて。デビューまでの2年で24万円か〜、と。笑

これ、24万でCD作ってもらうようなもんじゃない?ってね。

それなら毎月無料サポートなんてのも頷けるなぁ、そういうビジネスモデルか、とかね。そんなことばっかり考えてて。

僕の中で◯◯しなければいけない、がブワって大きくなって来て、めちゃテンションが上がらなかった。

ちなみにジョーさんもオーディションを受けて、そちらも見事に合格!

これ、おれたちカモられてるのかな〜とかね。分かります?この気持ち。。。笑

で、連絡受けた当初は「おれはいいや、こんなの全然やる気にならない」って思ってたんだけど、

日が経つにつれて、そんな気持ちよりも興味の方がどんどん大きくなってくるんです、不思議なことに。理由はよく分からないんですけどね。



で、気づいたら世界のいろんなところで、世界の子供たちに向けて歌ってる自分をイメージしちゃってたりして。

その時に、あぁ本当は自分は嬉しいんだ、楽しみなんだ、って気づいたんです。

だって、もし自分が自己負担(毎月12000円)を出さずに済んで、この音楽活動をするとしたらどうなの?それでもやりたくない?って問いかけた時、

答えはNOだったから。

この時にもふと気付きました。あぁ、また自分で勝手に現実を作ってたな、決めつけてたなって。

誰も来ないって最初から決めつけてる自分に。集められないって決めつけてる自分に。

むしろそれを望んでるんじゃないか、くらいまで勝手に思い込んでた。そんなの無理に決まってるじゃんってね。(みなさんも、思い当たる節・・・ありませんか?)

だから、僕はそのネガティブな期待、希望をやめて、新しく現実化したい自分の姿や環境を想像・創造して、「そうなること」に決めました。

そうなるっていうのは、こんな内容です。↓

・僕の音楽活動を応援してくれる人が、なぜか勝手に生まれてくる
・自己負担なんてしなくても音楽活動を継続できる

これを決めた時、すごくホっとしたというか、ふと楽になったんですよね。肩の荷が下りたというか。

そうだ、応援してくれる人が現れる現実にしてしまえばいいんだってね。

そこからは結構やる気が満ちて来て、この先どうなるのか、非常に楽しみな感覚を持てました。だから、これが僕にとっての正解。



現実は完全に自分で創ってる。だったら、苦労してアーティストにのし上がるのが普通だと思われてる、その「一般常識」を壊してみるのも面白い。

僕は遊んで、らく〜〜に、ふわ〜っと、なんの苦労もなくアーティストの仲間入りをしよう。(異論は認めます。)

まぁそういうプロセスもありだよね。それを楽しみながら証明してみたいと思います。

ですので、まぁ完全に現実化とは言えませんが、改めて気を取り直して、


オーディションに合格しました!

歌手活動やカラオケバトル決勝に向けて一歩進みました!

ライブの日取りが決まったらこのブログでお知らせするので、お時間があったらぜひ僕たちの歌を聴きにきてください!(あ、ちなみに現時点ではジョーさんとデュオで活動することになっています。)



引き寄せの法則と現実化2

さて、歌手デビューのお次は・・・

モノです。モノ。思いっきり物質的。

僕のスマホ、iphone6なんですけど、結構長い間使ってて、最近のiPhoneは大画面で操作性も向上してていいなぁ、って思ってたんです。

いや、まったく不都合ないんですよ、iPhone6。傷もほとんどなくめっちゃ綺麗に使ってますからね。バリバリの現役。

でもなんか最新がそろそろ欲しい!って思ってました。まぁただの物欲の塊の精神です。

で、やはりそこは何が欲しくなるかと言えば、時期的に今は

・iPhoneXS

ですよね。毎日yahoo!の記事にもレビューが載ってるくらい話題。しかも超デカくなって、容量も大幅アップ、そして約20万って高額。パソコンかよってね。(いや、ハンディパソコンです。)

やっぱりせっかくなら最新機種の最高モデルが欲しいじゃないですか。細かいことを言えば、iPhoneRSのブルーもきになるけど・・・

でも・・・、

ゲットしました。(^^)v しかも自己負担額なし。詳細はここでは述べませんが、いただきました、とある方から。iPhoneXS MAX 512GBのゴールド。

今度、何かのご縁でお会いすることがあったら、そのお話をさせていただきたいと思います。笑



これだけじゃないんですけどね、頂いたの。総額60万相当なんですけど、好きに使っていいよって。信じられますか?

これも、まぁお金の引き寄せにあたります・・・かね。

ちょっと余談なんですが、最近会う人会う人に、

・僕はお金にまみれたい、使っても使っても使いきれないくらいのお金にまみれたい

って言いふらしてます。

まぁご想像通り、反応はこんな感じ↓

・こいつ頭おかしいんじゃないの?
・金欲の塊か

とか(笑)

少しスピリチュアルに寄った人だと、

・お金はすでにそこにある
・お金を欲しいと思うってことはお金はありませんって宣言してるのと同じ

とか言われちゃいます。

言われるのをわかってて言ってる自分も良くない(?)んだと思うんだけど。それを楽しんでるというか。

何せジョーさんですら、最初はその言葉通りの意味で受け取ってたって言ってたしね。これは完全に僕が悪い。笑



でもその本当の意味は、その言葉通りの意味ではなくて、

「お金に対するブロックを積極的に外していく」

ってことなんです、僕の中で。波動的には、お金を欲しがってる、とかそのレベルにない。

これまでの人生の中で、お金は追いかけてはいけないもの、努力なしでは得られないもの、簡単に手に入ったお金は簡単に逃げていく、そんなものに価値はない、

など、たくさんのお金に関する「勝手な思い込み」、つまり「ネガティブな観念」を持って生きてきたことに気づいたんです。

だから、その通りの現実がやってくる。

本当はお金が欲しくて仕方がないのに、お金にはそんなに興味ないんです、僕の目的はお金じゃなくて、志なんです、みたいなね。

お金に興味がないくせに、自分の給料には一喜一憂してみたり、年収を気にしたり。

おかげさまで人並み以上の生活はさせてもらえるようにはなりましたけど、それでもどこかでお金の心配をして生きてきた。

だから、あればあったで便利だけど、とか余計な前置詞句をつけてモノを語ってた。

でも、そんなだから、自分からお金が遠ざかっていくんだなって、気づいたんです、ある時。



だから、それをやめようって思ったんです。積極的にお金に絡みにいく。それは、「そういう意味」じゃなくてね、自分の中でのブロックを壊しにいく意味で。

たぶん言いたいことの1/10も伝わってないと思うけど、そんな思いがあってこの言葉を口にしています。

そしてついでに言えば、これを言うことで、自分がどう思われてもあまり気にならない。聞かれたらこういう意味だよって答えてあげようかな、くらいで。

要は自分の中に何を持っているか、だからね、大事なのは。言葉としての意味より。

で、なんでこんな話をしたかというと、このiPhoneXSの話や、以前に話した奇跡の校舎移転の話に繋がるからなんです。

僕がブロックを外そうと決めた、そのあたりから、今まででは考えられなかった、それこそ創造の外側から、お金に関するものがやってくる。

今回だって60万ですよ?普通に考えたら、そんなお金使っていいよなんて話、出てくるなんて思わないじゃないですか。芸能人じゃあるまいし。

前に話した転職の話だってそう、今の給料より結構上がった状態での話。ま、この年齢で誘われるとしたら、そういう条件が普通なのかもしれないけど。



いずれにしても、明らかに経済的な面で「何か」が変わってきてる。そしてそれに応じて、自分の中でのお金に対する観念が、少しずつ壊れ始めてきている。

それと同時に、お金は本当にその辺に「ある。」

ないと思っているのは自分だけ。そこからいつでも引き出すことが出来るのに、「ない」「引き出せない」と思っているのは自分だけ。

もう少し言えば、そこにお金があるのに気づいてない。見ようとしていない。

この言葉の意味がわかってきた。散々本で書かれていることなのにね。

自分の中での経験値になると、こうまで変わるのかっていうくらい。今なら、いろんな人たちが書いてくれている、「お金はすでにある」の意味が分かる。

まぁその辺のお話もしたくて、今回はこれをテーマにさせてもらいました。

だから、引き続き、僕は「お金にまみれてみます」。乞うご期待!また何かお金周りで変化があったらご報告しますね。

もう少し書こうと思ったんですけど、もう3時間近く書いたので、一旦ここでおしまい。笑 これから犬の散歩行ってきます。

それではまた〜!

ヒロユキ

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

« HOME

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*