引き寄せの法則ブログ、好きな気持ちを抑えこむ必要なんてない

引き寄せの法則ブログ、好きな気持ちを抑えこむ必要なんてない

こんばんは、ヒロユキです。今日から令和ですね。いや、書き上げて思ったんですが、今日のは結構自信作です。永久保存版レベル。

昭和から平成、そして令和。もう一つくらい年号改変を経験しそうだけど、この時代を選んできたのは自分。思いっきり楽しんで行きたいと思います。

さて、今日はタイトル通り、好きな気持ちを抑えこむ必要が全くないことについて、話をしてみたいと思います。さて、それが引き寄せ的にはどんな風に繋がるんでしょう?



好きな気持ちの正体ってなに?

好きな気持ちって不思議ですよね。自分でもよく分からないのに、その気持ちに振り回されている自分がいる。よく分からないのに振り回されてるから対処しようがないというか。

好きな気持ちって、一番わかりやすい例えだったら、趣味、食べ物は人それぞれなんで、やっぱり誰かを好きになる気持ちを挙げてみるのがいいのかな。こっちも話しやすいしね、経験的にも。

周りくどいのはわかりにくさの典型だと思っているので、端的に問いに対する結論を書きます。

答えは・・・


エネルギー

です。

・・・・はい、よく分からないよね。これをなるべく分かりやすく伝えていくので興味がある人はお付き合いください。

なんでこの記事を書こうと思ったか。それは、僕が似たような経験を散々し尽くしてきたからです。でも、さっきはっきりと答えが分かった。全てに対する。だから僕の備忘録でもあります。以下、恋愛のケースについて書いて行きますね。



好きな気持ちを抑えこむケースってどんな時?

例えば、ここの質問にもとても多いパターンなんだけど、誰かを好きで好きで仕方なくて、でもそれを持ってしまっていることで罪悪感を感じるケース。すでに結婚してたり、お付き合いしてる相手がいるのに、別に好きな人ができてしまうような場合ですよね。年齢不相応な相手だったりする時もこれ。

それから、自分なんて相手に不釣り合いで、自分は相手のことを好きになったらいけないなんて思ってしまうようなケース。例えば、相手が高嶺の花子さん(back numberの名曲です。よろしく。)みたいで、それに対して自分は普通以下、だから好きになっちゃいけない、どうせ傷つくのは自分だから、なんていうね。

どっちのケースも根本的にはおんなじなんだけどね。これについて書きます。

好きな気持ちを抑えこむ必要性を感じるのはなぜか

まず、大前提としてですが、「抑えこむ」ってのがそもそも間違いです。マチガイ。僕が極力避けている「〜しなければいけない」「〜あるべきだ」というのが根底にありますよね。

英語でいう、このshouldとかmustとかいう類の感情は、自分の人生を創造的にしていく上では全く不要な感情だし、考え方です。ここははっきり断言させてもらいます。完全に不要。

上のケースで言えば、どんなshould、mustが潜んでいるか、全部あぶり出しますよ。

  • 自分には付き合ってる人がいる。他の人を好きになってはいけない
  • 自分には妻・夫がいる。他の男性・女性を好きになってはいけない
  • 自分はもう30を過ぎている。20代の子を好きになるのは非常識
  • ↑例えば付き合ったとしても、話が噛み合わないし、先にいなくなるのは自分だ
  • 自分は若すぎる。どうせ私は相手にしてもらえない
  • あの人に自分は不釣り合いだ。どうせ彼氏・彼女がいるだろうし諦めよう

ざっとこんなところでしょうか。もし他にもあれば言ってください。(でも結局対処法は同じなんですけどね。)

勘違いしないで欲しいのは、別に不倫や不貞行為を肯定してるわけではないということです。別に否定もしませんが。どんどん不倫しましょうね〜、浮気しましょうね〜、していいんですよ〜ってことではないので。まぁどうしてもしたけりゃすればいいじゃん、というくらいで。

このshouldやmustを持ってしまっている原因はなんでしょう?恋愛に限らず、こういうマイナスのエネルギーがあるから、極めてクリエイティブなエネルギーをもって生まれてきたはずなのに、自分で自分にブレーキをかけてしまっているわけですよね。

言ってみれば、オートマチックの車で、思いっきりブレーキペダルを踏みつけながら、アクセルペダルを踏んでいるような状態。

あれ?進まないぞ、この車。どっかぶっ壊れてるんじゃないの?ってね。

はい、車はぶっ壊れてません。あなたがブレーキを踏んづけてるからです。分かったらさっさと足どけて、っていうね。

あ、ちなみにオートマチックの車でこれをやると、本当に進みませんよ。興味がある人は試してみてください。ただし自己責任でお願いします。責任は持ちません。笑 誰もいない広い駐車場とかでやるといいんじゃないかな。自己責任で。きっと、あぁ自分はこの状態なんだって肌で感じられると思います。

さて、話を戻しますが、なぜこのshouldやmustを持ってしまっているのか。これは大きく二つの要因があります。



shouldやmustを持ってしまっている要因その1:育ってきた環境

まず一つ目は「育ってきた環境」。まぁつまり教育環境というところでしょうか。外的要因です。

なぜお金持ちの息子はお金持ちが多く、資産家の息子は資産家になるか。それは子が親を見て育つというのもあるけど、親がそういうもんだと育てるから、子供もそうなるわけですよね。

プロ野球選手だってサッカー選手だって、二世が多いのはその影響が多分にある。

こういうものだって教えられて育つと本当にそうなる。教育現場にいた僕だから、そのことは誰よりもよく理解してるし、肌で感じてきた。

あぁこのお母さんに育てらてたからあの子が出来上がったんだなってね。良い意味でも悪い意味でも。

じゃあさっきの恋愛についてはどうなのか。

やっぱりおんなじですよ。そうやって育てられたからです。自分が望む望まない関係なく、そうやって教えられてきたからです。親や環境にね。

例えば不倫や浮気。昨年、一昨年と凄かったですよね、芸能ニュースを盛り上げたのは芸能人たちの不倫・浮気問題。メディアがこぞって渦中の人物を毎日毎日これでもかっていうくらい叩く。

周りの芸能ニュースのコメンテーターも偉そうに、「〜〜べきではなかったのではないでしょうか。残念です」なんて言ってたりね。残念とか、お前の価値観を押し付けてんじゃねーよって思って見てましたけど。

そうやって事あるごとにメディアを騒がせるし、すみませんでした、とか公開処刑状態にされちゃうから、あぁ謝ってる、あれって悪い事なんだ、ってインプットされますよね、誰だって。

ましてや中学生、高校生があんなの見たら、一発で刷り込まれる。

一夫多妻制の部族や、日本だって一昔前はそんな時代だったのにも関わらず、ですよ。たしか聖書かなんかにも書いてありますよね。あれ、モーセの十戒だっけ?まぁいいや。

まぁとにかくそうやって環境からそういうことはしちゃダメだってインプットされるから、いざ自分がそういう状態に置かれた時に罪悪感を持つことは至って自然の流れですよね。



shouldやmustを持ってしまっている要因その2:自己肯定感が低い

今度は二つ目。「自己肯定感が低いこと」。内的要因ですね。

若干、上記とかぶる部分もあるのですが、お前はダメだ、間違ってる、とか言われながら育てられてると持ちやすい感情ですよね。

それから、親は大丈夫って言ってくれてても、友達からの心無い一言で一生の傷を負うことだってありますよね。

でも結局、それを採用するかどうかは自分次第で、多くの人はそれを無条件に採用してしまっている。つまり、本当かどうか分からないのに、あたかもそれが真実かのように思い込み、自分を決定づけてしまっている。

「自分はダメだ、モテない、女性や男性を好きになる資格がない」なんていうね。

こうやって自分で決めてしまっていては、このブログでずっと言い続けているエネルギー、周波数、波動、なんでもいいんですけど、それが自分から放出されるから、それに見合った現実が目の前に現れる。

もう少し厳密にいうと、それに見合う現実を自分が選択して見ている。(逆を言えば、めちゃくちゃモテる自分を見ることだってできるのにそれが信じられないんです。)

大丈夫です、僕もそうでしたからお気持ちはよく分かりますよ。そして、ちゃんと解決方法も提示しますのでご安心ください。



好きな気持ちを抑えこむのはマイナスでしかない

さて、好きな気持ちってなんでしたでしょうか。そう、エネルギーですよね。エネルギーだから良いも悪いもないんですよ。そのエネルギー自体には。

そのエネルギーに良い悪いの付加価値をつけて扱っているのは自分なんです。

何かを好きだ、誰かを好きだ、っていうエネルギーは純粋に愛のエネルギーで、この宇宙や地球を発展させるエネルギーそのもの。超プラスです。その愛のエネルギーは十分表現して良いものなんです。

もともと僕たちは超プラスのエネルギーなんだから、この「好き」という感情って自然なんですよね。

それを抑えこむとどうなるか。ダメだ、この感情、そとに出しちゃ。誰にも知られちゃいけない、自分だけの中でしまっておこう、ふたをしようって。

例えば、泉に湧き出る超綺麗な湧き水をイメージしていただければ分かりますが、こんこんと湧き出る水を無理やり抑え込んだらどうなりますか?

簡単に崩壊というか、外に溢れ出ちゃいますよね。まぁダムが決壊するみたいなイメージでしょうか。

ちゃんと湧いてきた水は自然の流れに沿って流してあげると、ずっとそこには綺麗な水が湧き続けて、みんな幸せになれるのに。

自分だけ横取りにしようとしたり、おさえつけて無理な力をかけたりすると、おかしなことになる。

人間の感情だって同じ。誰かを好きになるってすごく自然なこと。それにふたをすること自体がナンセンスというか、無理なんです。不自然だから、どっかおかしくなる。心や身体がね。

誰かを好き、何かを好き、って素晴らしいことだと思います僕は。(ここ最近まで自分でも抑え込もうとしてたナニカがあるくせによく言う。。。笑)

誰かを好き、何か好き、って若い証拠だと思いませんか?だって疲れるでしょ普通に。何かが好きでのめり込んで、でも上手くいかなくて、失敗して、落ち込んでって。

でもそんな関係なしに、誰かを好きだって気持ちはやってきてしまう。そしてそれが来るってことは自分にはまだまだそれを乗り越えられる、その感情を乗りこなせるって証拠なわけで、つまりは簡単にいうとエネルギッシュだから。若いからだと思います。エネルギー的にね。

だから見た目だって若い。老け込んでる人に、誰かが好きだって気持ち、あるようには見えませんよね。エネルギーの泉が枯れてないわけですから、それは若いですよ、どう考えても。

この超ポジティブでプラスのエネルギーである「好き」という感情、これを抑えこむというのは、わざわざshouldやmustでマイナスのエネルギーに転換し、さらになんとかしてこれを外にこぼさないように、もしくは他の人にばれないように、

もしくは湧いてきちゃいけないんだって、無理やりふたをするようにしたりするっていうのと同じ行為です。

水も淀みますよね、そんなことされたら。エネルギーだって一緒。マイナスの思い込みで、さらにでて来るなって圧力をかけられたら、じゃあ僕は(その自然に湧き出るエネルギー君です)どこに行ったらいいの?ってなっちゃいます。

だから、まずこの抑えこむというのはやめたほうが良いんじゃないかなというのが僕の見解だし、真実は多分そうです。(っていうかゼッタイ。笑)



じゃあその好きな気持ちをどうしたらいいの?

抑えこむ必要がないなら、じゃあどうすればいいの?あの人が好きで好きでどうしようもなくて、でも今の自分の立場じゃあの人を追いかけたら、逆に追い込まれるし(メディアや周囲の人に、笑)それも嫌だ。

しかも今の日本の社会では、それこそ責任をとって辞職しなきゃいけない、とか職場を移らなきゃいけない、

もしくは、この前やってた「初めて恋をした日に読む話」みたいに、先生や生徒の立場で、もし周囲にバレたら、どっちが好きとか嫌い以前に、大人側、成人側が追い込まれる。

そんなのどっちも望んでないよね。

でも好きで好きで仕方ない。しかも今僕に「感情にふたをするな」って言われてるしね。

・・・さて、どうしましょうか?

いや、それを僕が言うんですよね。笑 はい、行きます。

まずはちゃんと自分の気持ちを認めること

まずはちゃんと自分の気持ちを認めることが大事です。

あの人のことを好きでいて良いんだ、抑えこむ必要なんてないんだ、嫌いになろうとしなくて良いんだ、と分かってください。

無理なもんは無理。みなさんだって薄々気づいてるでしょ?好きな気持ちを無理やり抑え込もうとして、それで上手く行ったことがありますか?

そんなの不自然だもん。上手くいきっこないです。だから、良い。その人のことを好きでいて大丈夫。むしろ思い切り好きだって感情を爆発させてもらってOKです。

だって、好きで好きで仕方ないんだよね。普段、何をしててもどんな時でもふと気づくとその人のことを考えちゃうんだよね。

LINEだって、送ったら既読になるのが気になるし、返信まだかなって思う気持ちも自然。それを既読になってるかどうか気にする自分が嫌だ、とか、なんで返信くれないの、でもそんな風に気にしてる自分が嫌だ、って思う必要はないんです。

好きだったらそんなの当たり前。だから、それで良いし、それが普通です。思い切り好きだって気持ちに浸りましょう。さぁむしろどんどん浸ってください。笑

既読にならなくても、返信が遅くてムカついても、約束破られても、電話にでなくても、でもやっぱりその人のことが好きなんだよね。そんなに好きならそれは本物じゃないかな。むしろ愛情に近いかもしれないけど。

だからそのままでいいんです。自然な感情です。

ちゃんと認めましたか?あなたはその人が好きなんです。例え今がどんな状況であれ、人を好きになってしまうのに理由なんてないでしょ?

ダメって言われたって仕方ないよね。だって自然にそうなっちゃうんだもん。

もう一度言いますね。それが自然なんです。だから大丈夫。あなたはそのままでいい。



期待をしない。依存を手放す。

さて、次がちょっと難しいかな。今度は「期待をしない」「依存を手放す」です。

期待や依存については過去の記事で何度も触れている通り、エネルギーはマイナス方向です。

あの人がこうしてくれないから自分は今こんなに嫌な気持ちになってる、あの人がいなかったら自分は何もできない、・・・・など、全て相手ありきの考え方ですよね。

この世界は自分で創造しているんです。だから全て自分発信。だから、相手がどうとか関係なく、見たい現実は自分で創るのがルールです。だってそれをしにわざわざ地球にやってきてるんですから。

ここで、さっきの「好き」っていう感情をもう一度確認しますね。

相手がどうであれ、例えば、自分のことを嫌いだって言っていようが、ウザいって言っていようが、避けてるのを分かっていようが、それでもあなたはその人を好きだと堂々と胸を張って言えますか?

たとえば相手が事故にあって、顔がぐちゃぐちゃになってしまったとしても、(あまりリアルに想像しなくて大丈夫ですよ。笑)好きでいる自信がありますか?

相手がバイオハザードみたいなゾンビになって襲いかかってきても、相手を好きでいられますか?(すみません、調子に乗りました。)

でもこれ結構大事なとこだよ。

もしここで1ミリでもひるむようなら、あなたの好きは「相手に依存している」証拠です。つまり、その好きは「本当の好き」ではないってこと。

依存と好きって全然違いますからね。ベクトルが真逆です。もしあなたの好きが依存なら、それは強く持てば持つほどマイナスの世界を創造してしまいます。

だからとても大事なんです。

・・・・どうでしょうかね。本当に本当にその人が好きでしたか?自分の胸に手を当ててよく考えて、・・いや、よく感じてみてください。

もしひるんだら、あなたはまだその人を本当に好きとは言えないわけで、ひょっとしたら、本当に好きな人がまだどこかにいる可能性があります。

つまり視野を外に広げる良い機会かもしれませんね。

ひるまなかったとしたら、きっと本当に好きなんでしょうね、その人のことが。だから、そんな人は次のステップに行きましょう。(怯んだ人も同じです、とりあえず次のステップへ行きましょう。)

この、相手がどう思っていようが、というところが、ポイントです。これが手放すってことです。

だって、あなたの「好き」は、相手の反応によって高まったり低くなったりするの?違いますよね。

相手がどうであれ、好きなものは好き、そんなの自分の勝手じゃん、だって自分の中から勝手に湧いてくる感情なんだから、こっちとしてもどうしようもないわけで。

それくらい腹をくくるっていうのが手放すってことの第一歩です。外野がつべこべ言うなよ、好きなもんは好きなんだよね、仕方ねーだろ、みたいな感じですね。

でもそこには相手がどうこうっていうのは関係ありません。全て自分発信です。

相手がこうしてくれたら良いのに、とか嬉しいのに、とか、そういう「期待」は要りません。期待、依存って相手主導だからね。

相手がどう言ってくるか、どうしてくるか、そんなの関係なく好きだ、それでおしまい。そしてそれは、自然な感情なのでありのままに感じて、どんどんその感情を高めたら良いんです。

付き合うとか結婚するとか、そんなの結果論です。なるようになるんです。どうしてもその人じゃないとダメっていうのは依存ですよ。分かりますか?

この世は100%必要なことしか起きない、これはこの世の中の原則です。

依存を手放す、できましたか?



それでも幸せになりたい!

それでもその人と幸せになりたいの!

はい、その気持ちもよ〜く分かりますよ。だって好きだもんね。でも依存だよね、それ。だからマイナスの現実を創りたかったら持っててください。

でも最終的にみなさんが目指すのって何ですか?

あぁ幸せだなって感じられることですよね。そこにね、相手がいるとかいないとか、実はあんまり関係ないわけです。ぶっちゃけて言ってしまうと。

でもそれはまだ先の話。とりあえず、幸せな家庭を持ちたい、素敵な相手と巡り会いたいですよね。

でも、それってその人じゃない可能性だってあるんです。「今は」その人がいいと思っているだけで。

例えばいきなり超タイプの芸能人と出会い、突然恋が発展したら、それでも今の人をずっと思い続けている自信はありますか?(これは超リアルに想像して大丈夫です。)

言いたいのは、「今は」その人が良いと思っているだけで、そんなの本当にその人が良いかどうかなんて分からないわけですよ。

だって、極論を言えば、晴れて結ばれて家族ができても、何らかの原因で超家庭内暴力に発展することだってあるわけだし、

そしたら、その当事者になったあなたは、「なんで私は・僕は、この人のことをあんなに好きだったんだろう」ってなると思いませんか?

まぁそんなこと言ったら誰も好きになれなくなっちゃいますので、例えばって意味で読んでほしいんですけど、

つまり、その人だけってことじゃないんだよってことを言いたいんです。

じゃあ何か、ここまで読ませておいて、その人だけじゃないんだから、他にも目を向けてみたら?っていうよくありがちなオチに持ち込むつもりですか?という声がきこえてきそうですが、それも違います。



好きな感情をちゃんと流してあげる

じゃあどうすれば良いか。それは、「好き」だというエネルギーを、自分の身体を通してちゃんと表現してあげたら良いんです。

それは何も、相手に「好きだ」「愛してる」「付き合ってくれ」と伝えることだけじゃないんです。

ここをみんな履き違えるし、依存寄りになるからストーキングなんて行為に走ってしまう。考えてみてくださいね。もし自分がストーキングされたら嬉しいですか?

じゃあストーキング以外にどう表現すればいいんだ〜!という人。まず、ストーキングがそもそも間違ってるのと、そこから頭を離してください。

ポイントは好きな人を「利用」すること。利用って響きがあまり良くないかな。「活用」?まぁどっちでもいいだけどね。

好きだっていう気持ちを活用してエネルギーを流すんです。好きだっていう気持ちをエネルギー源にして、何かに打ち込むんです。

例えば相手が、歌が上手いことにとても魅力を感じると知っていた場合、もしその人とデートできた時に、圧倒的な歌唱力で歌ったらどうなると思いますか?

少なくとも心が揺さぶられると思いますよ。特に歌に関して言えば、とても不思議で、例えばトレンディエンジェルの斎藤さんとか、見た目はあんなですけど、めっちゃ歌上手いですよね。超魅力的だと僕はおもいます。すごくカッコいい。

っていうか、斎藤さん、顔の作り悪くないしね。僕は結構好きなんですけど。見た目が普通や普通よりやや下だとしても(何と比べて?笑)、歌が上手いって僕はすごく魅力的なことだと思います。

いや、だから歌が好きってことじゃないんですけどね、僕は。でも本当に魅力があることだと思っています。

そんなポイントなんて人それぞれで、それが相手の好みと自分の趣味がマッチしてたら、その日のために、普段から練習を積んでおくとか、普通にやりたいですよね。

いざカラオケにいっても喉声で下手くそだってがっかりされたらすごく嫌だもん。笑

だから、例えば僕だったらそのデートの日をイメージして、ボイトレに通う、日頃のルーティンにボイトレを導入する、そして体幹を鍛えるために筋トレも行う、とかやります。

そして相手が音楽が好きなら、弾き語りとかやれたら自分でもかっこいいと思うし、その時のためにギターやピアノを習ったりもしたい。

そういう行動を起こすためにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギー源に、その人のことを好きだっていう感情を活用するっていうことです。

平坦な言い方をすれば、自分磨きですよね。

女性だったら、あの人とデートをするときや誕生日のために素敵なお花をプレゼントしたい!と思ったら、お花を習いに行くとかね。

今度遊びに行くチャンスがあるのであれば、その日のために少しでも身体をシェイプアップしておくとか、たくさんあるじゃないですか。

そういうことをするためのエネルギーにするんです。好きな人の存在を。だから頑張れるでしょ。

そして自分磨きをしてる人は当然磨いてるわけだから光り輝いてくるし、だからこそ、相手にも、どこかで「あれ?こんなに魅力的だったっけ?」って思わせられるような瞬間が訪れる可能性が高くなってくる。

そして自分も行動を起こすことでエネルギーが高まってくるから良いことがたくさん起き始めてくる。なんなら全然違う素敵な出会いが待ってるかもしれない。

・・ね?そういうことです、エネルギーを流してあげるって。

自分の中で悶々と抱え込んでいては身体に良くないので、その溢れんばかりのほとばしるエネルギーを、外に外に流してあげる、具体的にはなんらかの行動を起こすためのエネルギーにするってこと。

これが全ての解決策です。何かに打ち込んでください、好きな人との「その時」のために。

相手に全てを任せる、待つ、依存する、じゃなくて、自分から輝いて目立ちに行く、チャンスが来た時にきちんと掴めるように磨いておく、です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

人を好きになるって本当に素敵なことだと思うし、人間だけに許された特権だと僕は思います。

あの人が好きで好きで仕方がない、最高じゃないですか。ぜひその気持ちを大切にして、エネルギー源にしてください。間違っても、ダメだって抑え込もうとしたり、逆に嫌いになろうとしたりしないでください。

良いんですよ、それで。あなたは素晴らしくて、価値ある存在なんです。昨日の記事にも書きましたが、その価値はすでに「ある」んです。だからあとは気づいてください。

長くなりましたが、この記事は全て自分のために書きました。これが少しでもみなさんのお役に立てたら幸いです。

それでは、また!

ヒロユキ

令和の初日(2019/05/01)、自宅にて。

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

« HOME »

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 小雨 より:

    待ってました 29日の更新見て、キター!って。
    マイゴホメソッド実行中 いろいろ考えてる時に これに遭遇して 大喜びしましたよね ありがたいと。
    2月ごろだったので それから毎日のように ここに来て。
    ヒロユキ氏は どこか行ってしまったのか?と。
    いや〜良かった良かった ありがとうございます
    引き寄せ本とか 淘汰した感あるので シンプルに
    なってきました。すっきりさっぱり 。
    かと言って、高い波動とは 言えず 模索してる途中です。
    自分の内側を 棚卸し作業しながら 手さぐりで
    ワクワクを思い出す 創り出す 感じる を眺めてます
    翔びたいな〜 ヒロユキ氏 いいな〜って。

    1. ヒロユキ より:

      小雨さん

      こんにちは!お待たせしました(笑)

      色々忙しくてですね〜。書けなかったんですけど、またこうして再開できて、しかも楽しみに待っててくれる人までいて、ホントに嬉しいです。

      これからも言いたい事、書きたい事書いていきますのでよろしくお願いします。

      ヒロユキ

  2. 小雨 より:

    ヒロユキ氏のコメント時刻に 大喜び 555 だし。
    私のメアドに 合わせてくれた? 引き寄せだわ
    これでいいのだ!すべてはうまくいってる
    ありがとう 内なる存在のメッセージとしか
    思えない 次は 222 を見たいな〜 FP 届けて!
    って ヒロユキさん ありがとうございます
    では また

    1. ヒロユキ より:

      小雨さん

      いやー、完全に偶然です。僕も言われて気づきました。
      サーバーの時間と手元の時間でズレがあるから、合わせようとしても合わないですよ。

      すごいですね!

      ヒロユキ

  3. はる より:

    初めまして。
    10連休中に、気がついたらヒロユキさんのブログに来ていました。
    読み進めると、ワクワクしていいんだ~とか、自分の気持ちをまずは認めてあげようとか、
    今まで執着していたから反対の波動がでてたんだ、思ったことが叶うなら後はお任せして今を楽しもうって、心にストンと腑に落ちました。
    それからは、特別なことは無いのに毎日が楽しくて、起こる出来事すべて、これでいいんだと思えるようになったのでいつも気持ちが明るく、何があってもオドオドしなくなりました笑
    現状は変わってないのに不安もなくなりました!
    だって思ったことは叶うと知ることが出来たから。
    ワクワクして1週間くらいたったついこないだ、好きな人(同じ会社の男性)から食事やドライブのお誘いがありました!
    とても明るく前向きな方で、今まではネガティブだった私には別世界の人のように遠く感じていましたが、
    ヒロユキさんのブログに出会ってから、今は同じ波動で楽しみな未来についてなど、同じ目線で楽しく語り合えるくらい距離が縮まり驚いてます!
    今度ゴルフを教えて貰えることにもなりました!
    仕事にも良い影響が出そうな予感しかないです笑
    上手く言えないけど、ヒロユキさんのブログに辿り着き人生が変わった事にとても感謝しています!ありがとう!
    どうしてもお礼が言いたくてコメントさせて頂きました。

    1. ヒロユキ より:

      はるさん

      こんばんは、初めまして!コメントありがとうございます^ ^
      うわ〜、なんだか嬉しいですねー!!(⌒▽⌒)
      こちらこそ、そんなこと教えてくれて本当にありがとうございます。こーゆーの教えてもらえると、ブログ書いてて良かったなーって思えるので嬉しいです!
      ゴルフ上手くなるといいですねー!それだけじゃなくて色んなことが、これからたくさん楽しみですねー!

      おめでとうございます!! ^ – ^

      ヒロユキ

コメントを残す

*