引き寄せの法則がスピリチュアルではなく、すでに実証されていた

引き寄せの法則はスピリチュアルなテーマではなく、すでに実証されていた

よく引き寄せの法則はスピリチュアルな分野で扱われていて、胡散臭いだの、詐欺だの、あり得ないだの、色々言われてますよね。

結論から言えば、そう思うなら、それがあなたの中での観念だから、そういう現実化が行われて、実際望む現実はやってこない。

でもこれはこれでいいと思うんです。だって自分でそう思ってるわけだから。別の角度から言えば、それが叶ってるわけだから、やっぱり現実化してるんだけどね。

だからここから先は、そう思う人には一切価値のない話だから読み進まない方がいいですよ。お互いのために。特に今日は。

読まないと決めた人は下記リンクからとりあえずyahooトピックに飛びましょう。→ http://www.yahoo.co.jp/




さて、読者の仕分けが終わったところで本題に入りたいと思います。まぁこのブログにたどり着く時点で読まない人はほとんどいないと思いますけど。

目に見えないからそれはスピリチュアルで、胡散臭い、あるわけがないって考えるのは勿体無いと思う。

だって、・・・目に見えないけど実際に働いてる力ってたくさんあるよね?地球上だったら重力だってそうだし、電気の力だって目に見えない。空気だってそう。

そろそろそういうところから抜け出した方がいいと思う。

何千年も何万年も昔から、重力も電力も、その存在は見えなくて、知られてなかったけど、でも確かに存在していた。

今は科学技術が進化して、その存在が判明し、物理的にも研究者が現れ、使い方がわかってきただけで、そういう時代に生まれてきたから、それはあると感じられるだけ。

信じようが信じまいが、あるものはあるし、作用してるものは作用してる。

名前がね、「引き寄せの法則」とか若干アヤシサのあるネーミングだから拒絶感出ちゃうのかも知れないけど。あと、その得られるものが、自分が望んだものはなんでも現実化する、なんてね。

でもそれならそれでいいじゃん、そっちの方が楽しいし。

まぁそんなことは以前に何度も記事にしているのでいいとして、今回はまた新しく色々と残しておきたいことがポコポコ出てきたので、そっちを中心に話を進めます。

結構面白いと思います。ただ、先に言っておきますね。かなりあやし〜い内容ですよ。さてさて・・・・、



あの世に行ってきた人に聞いたら分かるこの世の仕組み

最初からアヤシサ全開のタイトルですが。

以前の記事で木内鶴彦さんの話題を書かせていただきました。↓

引き寄せの法則 実体験と過去と未来と

で、早速興味が湧いたので、代表作の「生き方は星空が教えてくれる」を買って読んでみたんですね。今は良い時代です。朝クリックすると、夜届くんですよ。たまりませんね。↓

ここでは彗星探索に興味を持った経緯や、1度死亡判定された際に経験したリアルな記憶が明確に記載されていました。

仕事で強いストレスがかかり、世界でも稀にみる事例により昏睡状態に陥ったその瞬間、
木内さんは不思議な体験をされています。

どれほどの時が経ったのでしょうか。次に意識が戻った時、なぜか私はどこか真っ暗な場所でぬかるみを這いずり回っていました。

「ここはどこなんだ・・・。なぜおれはこんなところにいるんだ・・・」

ベッドに横たわっていたはずの自分が、なぜこんな暗闇を這いずり回っているのか、私の頭は混乱するばかりでした。

(中略)

真っ暗闇の中、その光を目指して進んでいくと、光はだんだんと面積を広げ、その光が洞穴の出口らしいことがわかりました。

(中略)

しばらく立って歩いていくと、揚子江を思わせるほどの大きな川が、左から右の方へゆっくりと流れているのに出くわしました。

(中略。この後、船頭のいない小船で、手で漕ぎながらこの広い川を向こう岸まで渡り、ヘトヘトになって河岸に身体を横たえます。)

5つの人影のようなものが立っています。「あれは何だろう」とじっと見つめていると、そこから一つの影が近づいてきました。

それは喪服を着た中年の女性でした。その女性は私のところまでくると、私に向かって話しかけてきたのです。

「鶴彦、お前は何をしに来たんだ」

※生き方は星空が教えてくれる p.79〜より引用



この後、5つの影が以前亡くなった親戚であったり、従兄弟であったりすることがわかり、思い出話に花を咲かせたとおっしゃっています。

で、その後広いお花畑を歩いて、その気持ち良さにゴロゴロしたりしてたんですが、突然自分の意識が病院のところに戻り、自分が死を意識したといいます。

ただ、ここまでは良くある話ですよね。いろんなところで聞いたことがある、この話。正直、これは自分の先入観や観念が作り出したものだと思う。

一説によると、いわゆる臨死体験は世界中で報告されていますけど、三途の河を渡るってのは日本独特の報告のものだそうです。

本にも書いてあるけど、

昔お年寄りから聞いた話などを思い出しながら、船頭を捜し始めました。

※生き方は星空が教えてくれる p.79〜より引用

ですからね。間違いないと思います。お花畑も親戚も。

別に木内さんのことをバカにするつもりは全くありませんよ。そんなことより、大切なのはこの後なんですね。

この後、自分の鼓動が止まるのをはっきり確認されています。

トックン、トックンと脈打っていた拍動がクッと止まったのが自分でもはっきりわかりました。

「あっ、心臓が止まった」ーその後「息が出来ない」と感じているのですが、痛みも苦しみもありません。

母の顔が私に近づき、体をゆさぶりながら「死んじゃった!」と言っているのもはっきりと聞いていました。

(中略)

なんとかして自分は大丈夫だということを父に知らせようと、私は上半身を起こしました。

ところが父親の目線は起き上がった私を通り越し、ベッドの枕元を見ています。おかしいなと思い振り向くと、そこには生命活動を停止した私の体が横たわっているではありませんか。

(中略。この後、木内さんは完全にパニックになったようです。)

気づくと視界の中に、さきほどまでは見えなかった鼻柱が視界の中にありました。

そこでやっと私は気付きました。私は父親の肉体に入り込み、父の目を通して見ていたのです。

(中略。この後、このままお父様の体にいてはいけないと思い、体から抜け出しますが、ナースが駆けつけて酸素ボンベを自分に取り付けたり、といった光景を客観的に観察していたそうです。)

ふと看護師さんを呼びに言った母親が戻ってこないことが気になりました。

「どこへ行ったんだろう。もしかしたら姉さんたちのところへ電話でもしに行ったのかな?」

そう思った瞬間、私は公衆電話をかける母のそばに立っていました。

(中略。この後、震える指を制御して一生懸命電話をかける様子を見ていて、お兄様にも自分は生きていることを知らせたいと思ったようです。)

すると、次の瞬間、今度は兄の中にいたのです。

自分の視線が車を運転する兄のものと重なっていました。兄はすでに連絡を受けていたらしく、車で病院に向かう途中でした。

そうです、私は考えるだけで空間を瞬時に移動することができるようになっていたのです。

※生き方は星空が教えてくれる p.85〜より引用

この後、さらに不思議な体験をしていますが、これ以上気になる方はぜひ本を買って読んでみてください。文庫版なら安いし、細かいところにもいろんな大切なことが書かれています。



ドラえもんの世界を体験!?

一つだけネタバレをしてしまうと、この後自分で思っただけでどんなところにも行けてしまうことがわかった木内さんは、どうしても理解できない、6歳の時に体験した夏の日をイメージします。

そこではまさに、それこそドラえもんかよ!と言いたくなるようなことが書かれていました。

ドラえもんって、よく「あり得ないよね?」って思う時間的なパラドックスを感じる場面ありませんか?特に映画版。


※ドラえもん 新・のび太の大魔境公式サイトより引用
http://doraeiga.com/2014/

「ドラえもん のび太の大魔境」とか、子供心に不思議におもっていたことがあるんですよね。

のび太たちが最後にたどり着く場所に、10人の戦士が合わられて・・・って伝承か何かがあって、でもドラえもんたちは、5人じゃないですか。

あ、ちなみに、ドラえもん・のび太・しずかちゃん・ジャイアン・スネ夫ですよ。笑

で、登場人物には、犬の姿の王子様がいるだけで、とても10人には満たない。

どうなるんだろって思ってると、もう1組のドラえもんたちがやって来て助けてくれるんです。

んで、物語が解決した後、誰かが、僕たちを待ってる彼らのところに行こう、って言って、今度は自分たちが助けにいくんです。

意味わかります?笑 わからなかったら、今度見てみてください。懐かしいし、今は絵も新しくなってるから見やすいと思います。

あと、スタンドバイミードラえもんでも似たようなシーンがありますよね。雪山で遭難する大人のしずかちゃんを助けるシーンとか。

そんな感じのことが、木内さんにも起きています。



死んだら何でも実現する退屈な世界

以前の記事でも取り上げたテーマです。↓↓

引き寄せ実践4日目

いやいや、懐かしい。

ようは木内さんもこの記事に書かれている通りのことを体験しているわけですね。あ、ちなみに↑の記事を書いた時点で、木内さんの話は全く知りませんでした。不思議ですね〜。笑

ようは、大事なのはここです。結局これって引き寄せの法則がいわんとするところでしょ?

書いた通り、もともと僕らがいた世界、というか環境というか、は、思ったことが何でも実現してしまうところなんです。

現世って「うつしよ」って読むのはご存知ですか?誰が最初に言いだしたか知りませんし興味はありませんが、これはあの世の写し世ってことです。

つまり、便宜的に僕らがもともといた世界のことをあの世って言い方をするとすれば、あの世こそがリアルで、今のこの現世は言ってみればニセモノ。

あの世の法則を全く同じように反映している世界。だから、同じことが起きるんです。

ただ、地球という3次元、時間も入れて考えやすくすると4次元の世界では、エネルギー的にとっても「濃くて」、「重たい」ので、タイムラグが発生する。

だから、エネルギー体になった木内さんのように、思ったその瞬間に、移動したり、実現したりしないようになってるんです、肉体を持ってるから。この地球上で。

だから、心配しなくても、そういう世界なんです。そういう力が働いているんです。今は科学技術が発達していなくて、そういうことが実証できていないだけで。

信じようが信じまいが働いている。それで良いじゃないですか。で、もしそんな法則があるんだとしたら、上手に活用したほうが人生楽しいよね。

そんなのあるわけねーだろバカか、キモいって言うのも良いけど、なんかそういうヒトに限って人生上手くいってない人多くないですか?

だから、だと思うんですけどね。ま、この話はこの辺で。



ね、アヤシサ満点でしょ?笑 今日は止まりませんよ、どんどん行きます。

ちなみに、木内さんも言ってるんだけど、臨死体験には2種類あって、一つは三途の河的な話のやつ、もう一つはその後の好きなところに行けるやつ。

で、三途の河の方は、これは持論ですけど、自分の観念が作り上げる世界だと思っています。

だから、三途の河を渡るんだ〜って思ってる人はそこに行く、というかそういう世界を見るわけですよ。

お花畑があるって先入観が入ってると間違いなくお花畑もみるし、暗いトンネルを抜けるとって先入観があれば、そこを歩くことになる。

臨死体験中って、肉体っていう重たいエネルギーを持ってないでしょ?だから、自分の観念、思ったことがそのまま目の前に現れる。

もちろん地獄もそう。地獄に落とされるって思い込んでるひとはそういうとこに行くでしょうね。

これはまた別のテーマですが、地獄も天国もありません。もともとの僕らがそんなものを作る意味がない。以前、申し上げた通りです。

思い込んでる世界に飛びますからね。僕は地獄とかそういう面白くなさそうなところには行きたいと思わないので、その観念は手放してます。(ご参考↓)

引き寄せ実践5日目

ま、言いたいことはとにかく思ってることがそのまま現実になりますよってことです。

ただ、そのタイミングはハイヤーセルフは知ってるけど、肉体をもった地球の自分にはわからないんですね。

ハイヤーセルフも以前に出てきましたが、簡単に言うと、もともとの自分。現世(うつしよ)に投影されているのが地球上の自分だとすると、その本体側の方です。

この人(というか存在)は、例えば上空から俯瞰してみている存在だから、IKEAの駐車場に停められないな〜と思ってウロウロするんだけど、

上空からみると、あそこが空いてるからそこじゃなくて、その次の次の列を左に曲がったら良いよって感じで理解している存在のようなイメージ。

ただ、そのハイヤーセルフと上手につながっていないと、次の次ねっていうメッセージが肉体の自分に届かず、目の前の列を何となく曲がってしまうわけです。

で、空いてな〜いってなる。もう少し大きな枠でいうと、地球の周りを回ってる気象衛星とか準天頂衛星とか、ああいうイメージが近いですね。

この人生版です、ハイヤーセルフは。



自分の人生はあらかじめ決まっている

そしてさらにいうと、僕らがこの地球上に降りてきた、つまり肉体を持つと決めたのには理由があります。

それはひとそれぞれで全然違うんですが、例えばもっと逆境を乗り越える経験をしたい、と思ってきたり、地球をもっと良くしたいと思ってきたり、

または芸術面でもっと活躍したい、とか、演技で人を感動させたい、とか。それぞれ生まれもった使命、もともとのミッションがあります。

つまりある程度はシナリオが決まっています。大まかな方向性というか。

それからズレが生じると、他の人は良くても自分は何だか気持ち悪い、というかしっくりこない感じがするわけですね。

だから、人と違っていて良いんです。今の地球は、特にこの日本の社会は、ある特定の行動ができない者をのけ者にしたり、集団から出そうとしたりする風潮がありますね。

だから、保護者さんとお話するときも、まさかこんなオカルトチックな話は一切しませんが、この子ADHDの傾向があるみたいなんです、とか上手く学校に馴染めないようで、とか、

お母さんだからこそのお悩みみたいなものがありますが、極力、それで大丈夫なんですよ、それがお子さんの個性なんです、というようにしています。

例えば、受験では人と争い、勝ち抜かなくてはいけないシステムだから、負けず嫌い、なにくそって思ってあいつに勝ちたい!なんて思う子が有利なわけですが、

それだって、「全然人に勝ちたいっていう気持ちがない子で・・・」なんて言われると、それがこの子の良いところじゃないですか、って伝えます、絶対。

みんなある一つの側面からしか判断しない。もっと大局的に、多角的に、いろんな視点で見てあげて、認めてあげられるようになれば、もっと幸せなことがたくさん起きてくるはず。

ようはその子、もしくは自分でもいいですが、何に心地よさを感じて、何に情熱を感じて、何にワクワクするかを追求したほうがいい。

勉強を無理やりやらせたところで、実は芸術に秀でてる子なんてたくさんいる。むしろそっちをしっかり伸ばしてあげたほうが将来的に大成したりね。

血眼になって我が子を大学付属中・高に入れて、有名大学に入れて、って考えがちだけど、それがシナリオにない子もたくさんいる。

側面的すぎ。これはもっと親が学ばないといけないことだし、社会全体が学ばないといけないことだと思う。もう少し言えば世界全体が。

僕は一人でもそういう環境に置かれてしまっている子供たちに、「大丈夫だ、そのまま自分がやりたいことを、情熱をもってやりつづけるんだよ」と言ってあげたい。

彼らはきっと自分は勉強が苦手でダメな子、ダメな存在だと思い込んでしまっているから。

親や先生の言うことって強力だからね。今でも小学生のころに言われた親の一言、先生の一言って覚えてるし。

もし、自己嫌悪感に苛まれていたり、自尊心にかけてしまっていたりする子がいたら、

「そうじゃない、もともとあなたはすごい存在なんだよ」

って言ってあげたい。日本だけじゃなくて、世界中を回ってね。だからこその英語の勉強でもあるわけだけど。

塾としてはダメだよね、そんなこと言ったら。笑 でも、自分に嘘ついてまで仕事したくないし、それで会社がダメだと言うなら、僕は潔く身を引いて、自分の信念にしたがった仕事ができる環境を作る。

なんかめっちゃ話が逸れちゃったので、戻すことにしますが、

言いたいことは、引き寄せの法則はネーミングこそ怪しいけど、実際働いている力、というか現象です。

まもなく量子力学の分野から、それが証明される時代がくると思う。というか来てるし。

じゃあみんなが好きなことをやったらとんでもない世界になるんじゃないの?って話が出て来そうですが、それも大丈夫。

それぞれが役割を持って生まれて来ているのと、ちゃんと一人一人が全体の大切な1ピースですから。

決してかぶることがないし、逆にその人がいなければ全体が成り立たない。一人一人がとても大切な存在なんですよ、僕も含めて。

それで全部上手くいくようにできていますからご心配なく。

お金、物、肩書き、などが重視される今の世の中はもう時代遅れです、はっきり言って。

お金を稼げるだけ稼いで、かき集めるだけかき集めて、いったいその先にその人は何を望むのか。

お金じゃなくて、望むのは「好きなだけお金があるという状況」であり、そうなった時に行ける場所であったりできる事であったりを体験した時の感情が欲しいわけです。

だったら、お金お金言ってないで今すぐそれを体験すればいいじゃん。想像だけでも十分できるし。

そしてその感情で常にいれば、法則にしたがって、その現実がやってくる。

だから、最終的に話が戻りますが、その時の感情、つまりホッとすることが大切なんですよ。

ぜひマイゴホメソッド、やってみてくださいね!↓↓

【引き寄せの法則】簡単なたった1つのやり方とコツ!!

いや、色々話が飛んだけど、自分的に楽しかったからいいかな。

最後まで諦めずに読んでくださった方、本当にありがとうございます、素直に嬉しいです。

もしよかったら何かちょっとしたことでもコメントいただけるとまた書こうって気持ちが湧いてくるので、お願いします。

それでは、また!

ヒロユキ

昨日のアクセスはまたも最高記録の1742!

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

HOME

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. りおん より:

    すごく興味深い内容で面白かったです!いくつか共振を体感をしても、まだかなまだかなってすぐ叶って欲しい気持ちでいっぱいいっぱいになってしまうときがあります。タイムラグを楽しみに、わざわざ不自由にしてまで来てる意味がよくわかりました!だから人生楽しいですもんね!!ありがとうございます!

    前のブログの内容にもなってしまいますが、今会いたい人がいて、願いを手放すのが近道だと他の事象で実体験をしてわかってはいても、どうしても考えてしまうとき、ネガティブなエネルギーを発していなければ、考えるのはいいですかね?
    次会ったらこれを聞きたいな〜これをしたいな〜など、色々と妄想しているのが楽しくてそれがわくわくする時間でもあります…

    1. ヒロユキ より:

      りおんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます!
      楽しんでいただけたようで良かったです。

      そう、タイムラグを楽しむというのは、この地球に降りてきている人全員に共通するミッションです。

      どうしても考えてしまう時、それはそれでOKです。
      考えちゃいけない、という考えがネガティヴです。
      ワクワクしているなら現実化に、心配、不安などの気持ちなら反対方向にものごとが進みます。

      わくわくそわそわするなら、それが最高じゃないですか(^^)

  2. あやこ より:

    なぜか眠れなくて、でもとてもリラックスした気持ちでネットを開いてみたらこちらのブログにたどり着きました。
    とても面白く、興味深く、その他の記事も含めてはじめて納得できた内容でした!!
    眠れなかったのは、こちらのブログを読ませてもらうために時間をもらったのだと思います。
    いま、手にしたいと思ってきた願望がすべて叶っているんです。
    過去を振り返れば、辛い経験、ショックな体験もありましたが、すべて「いま」を実現させるためだったのだと納得しているんです。
    この体験を、また未来に繋がるためにはどうしたらいいかな〜なんて考えています。
    まとまりのない文章で申し訳ないのですが、とにかく興味を惹かれるブログでした。
    この先の更新も楽しみにしています!
    ありがとうございます。

    1. ヒロユキ より:

      あやこさん

      初めまして、コメントありがとうございます。

      全ては100%必要だから起きていますもんね。

      今度ブログに書きますが、先日びっくりする、そして、念願の体験がありましたので楽しみに待っていてください!

      ヒロユキ

  3. てんちゃ より:

    度々コメント失礼します(笑)
    「インターステラー 」って映画、ご存じですか?
    私には結構難しい内容の映画でしたが、多分、量子力学と、心霊現象とかが融合された(実証された?!説明できません笑)、SF映画です。
    ヒロユキさんのこの記事を読んで思い出しました。
    「愛」が、キーワードでした。
    もし、観ていなかったら、是非
    さて次の記事も読もうっと✨

    1. ヒロユキ より:

      インターステラー、まだ見たことないんですよねー。
      インセプションならこの前見ました。

      そうなんですね、じゃあ早速アマゾンプライムでみてみますね。
      早く見られるようになれ〜^^

  4. キャン より:

    初めまして、夜遅くにすみません
    この前色々検索してるうちにこのブログにたどり着きました。なるほどって言うことが書いてあり、すごく興味がわきました。
    実は去年、引き寄せの法則というのを知り、それから何人かの本やブログを読んで、そういう風になりたいと考えていたら、とにかく去年からずっと今までにないくらい、悩ませる出来事ばかり起こってしまい
    何とか解決しながら、やってきてます。
    わたし自身が元々心配性ですぐに不安になってしまう性格があるんです!表面上は明るく振舞ってますが
    すごい色々と考えてしまう性格なんです!家庭でも主人とうまくいってなかったんですが、なんとかやり直そうとこの前から、ブログなどを参考に頑張って行こうと思ってるんですが、今日も主人が酔って帰ってきて、会社来年の3月で辞めるからとか言われて、又不安になってしまいました。
    わたしはどんな風に考えて言ったら安心した楽しい生活が送れるのかなって思ってます!開き直ったらいいのかなとか又考えてしまいます。
    もしよかったら、アドバイスもらえたら嬉しいです。

    1. ヒロユキ より:

      キャンさん

      初めまして!コメントありがとうございます(^^)

      突然そんなこと言われたら普通に不安になっちゃいますよね。笑

      でも大丈夫、自分の身に起きる全てのことは100パーセント必要なことなんです。
      自分の人生に起きる全てのことを「信頼」すれば不安なく、安心した楽しい生活が送れますよ☆
      ようは受け止め方の問題ですね!

      ヒロユキ

  5. キャン より:

    お返事ありがとうございます!
    あれから、コメントの返事が来たのかどうかもどのページだったかわからなくなって、やっと探し当てました^ – ^ 返事が来ていたのでめちゃくちゃ嬉しかったです♪
    あれから寝る前に毎晩
    ヒロユキさんのブログを読むのが楽しみで、この頃びっくりするくらい
    ついてるというか想いもしなかった
    地震保険がおりることになったり、自分で直さないといけなかったアンテナが台風でだめになって、保険の請求ができると知ったり
    なんかヒロユキさんのブログを読んでから、ついてることが多くなりました。たしかにこの前までよくゾロ目をみたりしてました。
    ヒロユキさんのブログはほんとにわかりやすく、興味深い内容で
    今までの引き寄せの人よりなんだか
    親近感とか納得しやすい内容です。
    返事までしてくれて、ほんと

    1. ヒロユキ より:

      キャンさん

      >なんかヒロユキさんのブログを読んでから、ついてることが多くなりました。たしかにこの前までよくゾロ目をみたりしてました。
      でしょ〜?! もっとたくさん読んだ方がいいですよ!
      ・・・なんちゃって、冗談です。笑

      それは素晴らしいですね!ご自分の本当のチカラに気づき始めた証拠ですね☆最高ですね!

      もし分からなくなったら、ブログ内の検索でキーワードで引っかければたぶん出てきますよ〜。
      使ってみてくださいね!
      今後ともよろしくお願いします!

      ヒロユキ

コメントを残す

*