引き寄せの法則とは何か【誰も明かさない引き寄せの真実】

引き寄せの法則とは何か

引き寄せの法則。何と魅力的に映る言葉でしょうか。人によってはアヤシイ、宗教臭い等々、敬遠したい雰囲気を醸し出しているかもしれませんね。そう受け止めてもらっても全然構いませんけど、受け止め方は自由なのでね。

この記事では、「引き寄せの法則」という言葉やイメージに引っ張り回されて「全然引き寄せない」と余計ネガティブになっている人たちに向けて、その誤解を真正面からブった斬ります。

せっかく積み重ねてきた引き寄せの知識が水泡に帰すかもしれません。やばいと思った方は、読まないほうが良いと思いますよ。

さて、まずはおさらい。初めてこの世界に触れる人もいるかもしれないので。

引き寄せの法則が世に出たキッカケ

もっともわかりやすいのはロンダ・バーン氏により製作された映画・著書「ザ・シークレット」ではないでしょうか。ザ・シークレットそのものも、下記の記事の通り、当時発禁処分となった「マスターキー」という本を参考にしています。まぁ出どころはどうでも良いのですが、この際。興味があるかたはこちら↓

引き寄せの法則、本おすすめランキング

かく言う僕自身も、最初に見たのはこの動画。しかも見せられたのは確かネットワークビジネスか何かのセミナーの一室だった気がします。知人がすごく良いよと勧めてきたので、とりあえず見てみるかという感じ。

ネットワークビジネスはロバートキヨサキ云々、賛否両論ありますが、僕はおススメしません。経験上。特に日本では。この話はこの記事の本題から逸れるので機会があればその時にでも。

ともあれ、ネットワークビジネスの中身はどうでも良かったのですが、引き寄せの法則の方は何とも魅力的な動画でした、当時の僕にとって。見てみたら分かることですが、いかにも「ある特定の人物たちしか知らなかった秘密の方法!」って感じがするじゃないですか。

おそらく日本人の多くの方が、この映画、もしくは著作をキッカケに引き寄せの法則、という悪魔的魅力が過ぎるワードとともにこの世界に足を踏み入れたことと思います。

引き寄せの法則関連で語られる多くの誤解

ほとんどの著者・製作者が紹介されていらっしゃる引き寄せ成功の事例として、アメリカの大富豪、ユダヤ人の超お金持ち、もう少し遡れば、歴史的偉業を成し遂げた歴史上の人物と、彼らしか知り得なかった門外不出の秘密のカラクリ、それが引き寄せの法則だと言うこと。彼らはコレを密かに活用していたから成功できたのだという事。

はっきり申し上げますが、これらはデッチ上げです。期待してた方々、残念でした。

引き寄せの法則、というものをいかに魅力的に映すか、という視点で、つまり自分が作った映画なり本を見てもらうために、ドラマチックに仕立て上げて興味づけするために「後付け」されたことに過ぎません。

よ〜く考えてみてください。もし本当にそんな「魔法のような方法」が存在して、かつそれを知った人にしか使えないのだとしたら、どこかの権力者がソレが世の中に出る事を、どんな手を使ってでも阻止しようとしませんでしょうか。

だって彼らは権力も富も、この世の全てを手中に収めたい人たちなんですよ。みんながみんな引き寄せとやらで欲しいものを欲しいだけ手に入れる「魔法」を手にしたら、今彼らが牛耳っている全ての権力が無くなりかねませんよね。

彼らがどんな存在なのかは歴史を遡れば自ずと分かることなのでここでは言及しませんが、例えばそんな人たちが存在すると仮定した場合、彼らにとって邪魔なわけですよ、そんな魔法は。自分たちだけ良ければ良いわけですから。

でも、あらゆる著者や実践者によって、引き寄せの法則なるものがどんどん紹介され、世界中に発信されている。

これが何を意味しているか・・・・。察しが良いみなさんなら何となくお気づきかもしれません。

そう、正解です。そんな「やり方」など存在しないからです。そんな「魔法」など存在しないからです。だから、出版OK、上映OKなんです。そんなんじゃ誰も富を手にする事はできないと分かっているから。

イチロー選手が引き寄せの法則云々で世界を代表する野球選手になったと思いますか?ヤンキースの田中投手が引き寄せの法則云々であれだけの年俸を手にしたと思いますか?

エジソンが、テスラが、フォードが、カーネギーが、・・・・この法則を使ったおかげで偉業を成し遂げたと思いますか?彼らしか知らなかったから?

どう考えても違いますよね。

まずはここを改めましょう。そんな魔法のような手段・方法、一子相伝秘術の儀式・やり方なんてものはこの世に存在しない

よろしいでしょうか。

だから、以前の僕のように、引き寄せの法則関連の本を読み漁ったり、セミナーに参加したり、挙句の果てには毎日決まった行動をルーティーンに沿って実行する、なんて必要はないし、そんなことしても何の意味もないんです。



引き寄せの法則はインチキ商法なのか?

じゃあ、世の中に次から次へと出回る引き寄せの法則なんちゃらの本は全部インチキで、そもそも目に見えないし、誰にもその結果なんて分からないんだから、あるって言ったもの勝ち、信じ込ませたもの勝ちの、詐欺まがいの商法なのか?

・・・それから、このブログも?

いえ、それも違います。インチキではありません。引き寄せの法則はれっきとした「法則」です。「引き寄せ」というネーミングが適しているかどうかはかなり微妙ですが。

目に見えないエネルギーについて極度に不信感を持っていたり、全くの予備知識なし状態なのであれば、まずはそこから説明する必要があります。下記記事をご覧いただき、また戻ってきてください。

引き寄せの法則、波動とエネルギーの関係が判明!

この世はエネルギーで出来ているから引き寄せが起こる

軽くおさらいも兼ねていきますね。この世は全てエネルギーで出来ている。つまりエネルギーを持っている、どんな小さなものだとしても。

だから、エネルギーに関する法則が当てはまるって事になりますよね。

もう少しミクロな世界の視点で見てみると、エネルギーも持っていると言うことは、この世のものは全て振動している、と言い換える事ができます。

ついて来れていますでしょうか。

いや、あの建物動かないじゃん、そもそも自分だって動いてないし。

たしかにその通りです。僕の目の前にあるiPadも確かに振動していません。大きい物の見方では。

でも、動いていないように見えるiPadもあの建物も、視点をどんどんミクロ(微細)な世界に移していくと振動していることが分かります。

実際に肉眼で確認することは不可能なので、ここからは想像してくださいね。

例えば、その建物が木造建築物だとして、壁は木材で出来ています。

でも、木材の中に入り込んでいくと、木の主成分はセルロースというもので、化学式は(C6H10O5)5000とかそんな訳の分からないカタチで表現されます。

でもとりあえずCが炭素原子、とかHが水素原子、とかOが酸素原子とかは何となく分かります。有名なところでいくと水はH2Oですね。

まぁとにかく、木の中にす〜っと入っていくと、想像上ですが、たくさんの炭素原子さんや水素原子さんが規則正しく並んでいることが分かります、手をつなぎ合わせて。

で、この原子さんなんですけど、「熱振動」という、ある決まった位置を中心に振動運動していることが分かっているんですよね。

温度が高くなるということは、この振動の振幅、つまり振動の往復、行って帰って行って帰って・・・とやっている幅がデカくなるということで、逆に温度が低くなるということは、その振動がおとなしくなる、ということです。

物質の温度がもうこれ以上下がらない、という点を絶対零度と言って、摂氏で言えば−273.15℃が下限なんですけど、それでも原子そのものの振動は止んでいません。

単にもっともエネルギーが低い状態、ということですね。

つまり、どんな状態(温度)であっても、原子は振動している、ということになります。動物も植物も、もちろん金属だって、こまか〜な視点で見たら、みんな揺れている。振動している。

原子の中に目をやると、今度は中性子だの陽子だの電子だのが出てきますが、当然揺れている。振動している。

ということは、この世の中の全ての物は振動している、ということが出来ますよね。

では、次のステップへ。

振動しているということは振動に関する法則が当てはまる

この世の全てのものが振動している、ということに納得できたら、次はコレです。

振動している、ということは振動に関する法則が当てはまる

中でもぼくたちが知っておいて損がないのは、共振の法則です。

ちょっと難しめの説明から入ります。

共振とは、ある特定の固有振動数をもったものに対して、その固有振動数と同様の振動数(エネルギー)が加わると、振動の幅が大きくなる現象の事です。

あ、固有振動数というのは、ある物が持っている、その物特有の振動数の事で、どんな物にも必ずこの固有振動数というものが存在するんです。もちろん、物だけじゃなくて人や他の生き物にも。

この固有振動数が高い人が、よくオーラがある、存在感がある、なんて言われるもとになっているわけです。ね?気づいてない、見えていないだけで、みんな肌では感じてる、五感ではちゃんと認識しているんです、エネルギーという見えないものを。

ちなみにこの固有振動数が上がっていけばいくほど、その人の存在は高次元のものに近づくわけで、誤解を恐れずに言えば、いわゆる神に近い存在、高次エネルギーの存在と等しくなっていく。

手からパンやお酒を出したとされるイエス・キリストの固有振動数は、Hz表示をするのであれば20万Hz以上、バシャールという宇宙存在は、自分で33万Hzだと言っています。(あ、にわかに信じなくても全然大丈夫です、この話は。)

25万Hzを超えたあたりから、物質、つまりカタチとして保てなくなる、見えなくなるということです、エネルギーが高すぎて目に見えてこないということですね。

・・・ちょっとオカルトチックな方向になってしまいましたが、とにかく、固有振動数が誰にも存在していて、固有振動数と同じエネルギーが加わると、固有振動数の振れ幅が大きくなる、ということです。

例えば、これを読んでいるあなたが2000Hzという固有振動数を持っているとします。そしてそれは、僕は2000.1Hz、気になるあの人は2000.15Hz、なんていう具合に、一人一人微妙に違うわけです。

そして、あなたが日頃から心に強く思い描いている想念・観念が2000Hzのモノだとすると、2000Hzの振れ幅はどんどん大きくなっていきますよね。同じ振動数のエネルギーが常日頃与えられているわけですから。

揺れる回数が増えるのではなく、振動の幅がデカくなる、ということです。ピアノやバイオリンの弦楽器で言えば、同じ音の高さでも、音の強さ・大きさが上がっていく、ということです。

そして今度は、視点を変えてみると自分の中から与えられて大きくなった2000Hzが、2000Hz発振器となって、周囲へ2000Hzのエネルギーを撒き散らし始める。

この世の中に存在する全てのものは、もちろん目に見えるものから目に見えないものまで全てエネルギーを持った状態で存在しているので、今度は自分が放射した2000Hzに「共振」する存在に、影響を与え始める。つまりその存在を揺らし始めて、その存在の固有振動数である2000Hzの振れ幅を大きくする方向に働きかける。

正しい例示が出来ているか判断しかねるけど、大晦日の夜に鳴らす除夜の鐘ってありますよね。お寺にあるでっかい、ゴーーンって鳴らすやつ。

A町のお寺の鐘ととなり町Bのお寺の鐘の固有振動数がとても近く、ほぼ同じだとして、A町で鐘を突くと、しばらくしてB町の鐘が、誰も突いてないのにゴーーンって鳴り出す現象を、音の共振現象で、別名「共鳴」って言うんですけど、この共鳴をイメージして欲しい。

A町で鐘を突く。するとB町の方からゴーーンと聞こえてくる。ここで始めて、あ、B町の鐘はあっちにあったんだって気付きますよね。(A町の鐘をついた人がB町の方角や鐘の存在を知らない場合、という意味ですよあくまでも。)

これと同じで自分が2000Hzで強く揺れる、鳴り響くと、周りにある2000Hzの存在が、呼応してゴーーンって鳴り響くので、自分は、あ、そこにいたのね私と同じ2000Hzさん、と気付くわけです。

気付くということはつまり、あなたに存在を知られる、あなたの世界に入ってくるということです。

類は友を呼ぶ、なんていう言葉の原理もこれと全く同じですね。

これがいわゆる「引き寄せ」というものの正体です。



引き寄せの法則は錬金術ではない

ここで知っておいて欲しいことがあります。さきほどのB町の鐘の事例で行きましょう。

B町の鐘は、A町の鐘を強く突いたから突然そこに現れたのでしょうか。

・・・違いますよね。元からちゃんとそこにあった。ただ、自分が知らなかった、気づいてなかっただけ、です。

引き寄せも同じこと。全くないところから出来上がってくるわけじゃなくて、すでにそこにあるんです。ただ、自分に見えていないだけ。気づいてないだけ。

引き寄せ関連の本によく書いてありますよね。ないんじゃないです、あるんです、すでにそこに。なんて。

最初読んだ時はさっぱり意味がわかりませんでした。いや、何言ってんのこいつ、ないから助けて欲しくてこうして本を読んでるんじゃん、うざいよ、マジで。何のことかわからねーよ、ちゃんと分かりやすく書け!ってね。

でも今は、あれはこういう意味だったんだと僕は捉えています。あの本の筆者はきっとこの事を言いたかったんだろうなと。(違うかもしれませんが・・・)

エネルギー的にはそれこそ無限に存在します、自分にとって心地よいことも心地悪いことも全部。ただ、それのどれに焦点を当てるか、というだけの話なんです。

だから、強く願え、いつも頭の中に理想を思い描いて生活しろ、ってなるわけですね。そうしたら、黙っててもそれと共鳴する現実に次々と出会える(気づける)わけですから。

常に引き寄せたい現実をイメージしながら生きるのは間違い?

ところがコレが落とし穴。強く願うのは人によっては逆効果な場合も多い。少なくとも僕はそうじゃない。僕は、強く願うのではなく、それが当たり前の状態になっていることこそが最強のパワーを発信している状態だと思っています。

「それ当たり前でしょ。」って状態。全然苦しくも何ともない状態。むしろ楽しい状態。

イチロー選手だって、ヒットを打つ事、野球をすることが好きで仕方なくて、どう打ってやろうかって考え続けて世界一のバッターになったわけです。

ソフトバンクの孫社長だって、見返してやりたいって気持ちももちろんあったと思うけど、それ以上に自分がやっている仕事が楽しくて、つらいとかいう状況の中、歯を食いしばって今の状況にしたってわけじゃない。

もちろんそういう時代もあったと思うけど。よく知りませんが。

他人から見たらエラい大変な努力をしているように見えても、当の本人は意外と大した事なくて、いや普通だし。みたいな状況をよく耳にしたりすると思うけど、まさにそういう状態のことを言っています。

何も超人的な目標じゃなくても良い、例えば、「いや、普通にしてれば自分の望む状況なんて向こうからやってくるから」と強く思い込むこともなく、自然に思えているとか、そんな感じ。これはまさに今の僕の精神状態だけど。

ホントにあれだけ引き寄せ引き寄せって研究してたことがウソみたいに、今はそういう本を目にしたりすると、うるさい、あっちいけ、そんなのどうだって良いんだよ、もう全部叶う事が分かってんだから、みたいに煩わしくなるレベルです。(ちょっと大げさだけどホントに気にしてません。。。)

でも、これが自分でも最強の状態だと思う。まさに自然体というやつ。前は、ちょっとイラっと来ることがあっても、あぁこれはダメだダメだ、プラス思考で行かなければ。あの人の良い面を見つけてみよう、なんて偽善者そのものだったけど、

今は「イラつくんだよお前!」みたいに、本人に言うか言わないかは別にして思った事を素直に受け止めてる、何も心配ないから。

それで自分の感情に正直に向き合って、5分くらいイラついた後は、あれ、なんでこんなにイライラしたんだろう、と冷静に振り返ってみて、また自分の中にある変なこだわりみたいなものを見つけられたら、そうじゃない生き方もあるし、自分も悪かったかもなぁ、と考えてみる時間が生まれてくるようになりました。

引き寄せの質を上げたければ・・・

こんな感じで、引き寄せの法則っていうのは魔法でも何でもなく、この世の中に、昔から存在している自然現象であって、知ってるから使いこなせる、知らなかったから使いこなせない、というものではありません。

知らなくても自然と人生に活かせている人もいれば、知ってても逆にそれが原因でどんどん望まないものを引き寄せてしまっている(そういう現実を作り上げてしまっている)人もいる。

この世に生を受けているものであれば、必ずこの法則、原理が働いてしまうんです。

自分が発信している(発信してしまっている)振動数と同じ物を自分の周りに存在させている(存在させてしまっている)だけです。望む・望まないに関わらず。

だから、出来れば自分にとって嬉しいことを人生の中に登場させたいですよね。見つけたいですよね。

そのためには、自分の振動数を高くする方向に持っていけば良いんです。それこそイエス様やお釈迦様方面に。上げれば上げるだけ良いですよ。おすすめです。笑

ところが困った事にですね、自分が何Hzくらいあるのか、測る方法がないので分からない!という事なんです。

自分固有振動数計測器とかあれば、絶対測りにいくんだけど、ないんですよね、これ。

宇宙存在のバシャールは、誰が何Hzくらいなのか、っていうことがすぐわかるみたいなんですけど、残念ながら我々、地球存在なので分かりませんよね。何となく感じることは出来ますが。

・・・・え?感じることが出来るのって?

出来ますよね、普通に。だってみなさん、怒ってる人が近くに来たら分かるでしょ?なんだかザワザワする感じ・・・。逆にその人が現れただけで場の空気が和やかになったりもしますよね。そういう感じのことを言っています。

感じることは出来るけど、数値では分からない。だからどうしようもないじゃん・・・。となってしまいがちですが、実はあるんです、「推し測る」方法なら。今の自分の固有振動数を推測することなら可能なんです。

その方法、知りたいですよね。もったいぶらずに教えますね。

それは、感情に耳を傾けることです。

感情がワクワクしていたら、それはもう最高潮の振動数。どよーーんとしてたら、それはそれは振動数が低く低くなってしる証拠です。

だから、毎日、仕事でも趣味でも何でも、ワクワクしながら生きている人は、この高い振動数をずっと維持して生きているわけで、それは自分の周りにもワクワクと同じ振動数を持った存在や出来事が次々と現れる、次々と自分の人生の中に入ってくる。次々気付く。

そういう事になりますよね。だからワクワク・楽しい、ってとてもとても大事なんです。それこそが引き寄せの法則の秘密なんです。

一人暗がりの部屋に入って、魔法陣を描いた布の上に座ってろうそくをつけて・・・とかじゃないですよ。

毎日決まったお決まりのセリフ「私は自分が大好き・愛してる」を100回唱えれば願いが叶うわけじゃないですよ。

大切なのは自分の固有振動数。自分の感情。ワクワクする気持ち、ほっとする気持ち、楽しい気持ち。

常にこの感情に身を委ねていることの方が、願いが叶うノートを毎日書き続けることよりも何千倍・何万倍・何億倍も効果的です。(常にこの感情に身を委ねる、最初のステップは当ブログおすすめのマイゴホメソッドへ。)

【引き寄せの法則】簡単なたった1つのやり方とコツ!!

やり方・方法にすがってはダメです。意味がありません。大切なのは自分が出している振動数・周波数・エネルギーです。

ここをしっかりを刻み込んで、明日から明るく楽しく、ワイワイ行きましょうね。

そうしたら、自分が望む楽しい世界が、次々とあなたの世界とマッチして止まらなくなります。

もう人生思い通りです、楽しくて仕方ありませんね(^^)

それでは今年もみなさんにとって良い一年になりますように!

ヒロユキ

「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

« HOME

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. あきき より:

    あけましておめでとうございます!何回聞いても引き込まれるお話でとても救われます。ワクワクする方を選んで自然と振動数をあげられるように日々過ごしたいと思います!

  2. ヒロユキ より:

    あききさん

    あけましておめでとうございます。早速コメントありがとうございます。
    とても励みになります。
    そうなんですよね、結局同じことを伝えているだけなので、みなさんには既知の内容なのですが、自然と筆が進んだ(タイピングが進んだ)ので更新しました。笑

    これからも遊びに来てください!

    ヒロユキ

  3. てん より:

    こんにちは。久々の更新、ありがとうございます。
    ヒロユキさんのお話、とっても納得はしてるのですが

    うちの旦那さん、転職繰り返してます。働く意欲は普通にあり、私に苦労かけまい!としての今回もまた転職なんですが、その度に「俺って(期待されて)凄いかも!」みたいな感じで始まるんですが、いつの間にか…あれ?こんなハズでは…な状況になり。この繰り返しで、今回もさほど期待はしてないのですが、本人はヤル気満々。それはいいんですよね。ただ、私が、「どうせまた………」って気持ちが払拭できず、ワクワクの気持ちになれず……(^^;
    これはどーしたもんかと、思ってモヤモヤしちゃいます
    わー、今度こそ長く安心して稼げる仕事見つかった!良かったねーーーと心底思いたいのですが……
    自分だけの問題ならいいのですがこれって相手に悪影響出ちゃいますかね⁉️(^^;
    乱文スミマセン。

    1. ヒロユキ より:

      てんさん

      おはようございます。お返事おそくなってごめんなさい!
      そしてコメントありがとうございます。

      >自分だけの問題ならいいのですがこれって相手に悪影響出ちゃいますかね⁉️(^^;
      でません、大丈夫ですよ。

      >いつの間にか…あれ?こんなハズでは…な状況になり。
      これは、てんさんの旦那さんがそういう観念を持ってしまっているからなんです。
      心(思い込み)のクセになっている、といった方がいいかもしれませんが、自分はそういうものって思ってしまっているんです、思い込みたい・たくない関係なく。

      例えば、DVにあって何度か別れを経験した女性がいたとして、その女性は、「私はどんな素敵な男性と巡り合えても、最後はDVで別れてしまうんだ」と思ってしまうと、DVの可能性なんてほぼない男性だったとしても最終的にはそういうことになって別れを迎えることになります。
      私ってダメ男ばっかりと付き合うんだよね、とかいう人は例外なく、「私はダメ男とつきあうもの」という観念が出来上がっています。

      だから、旦那さんに当てはめて考えると、「いつもスタートダッシュや掴みはOKなのに、そのうち自分のボロが出始めてダメになる」という観念を知らず知らずのうちに、今までの経験から作り上げてしまっている可能性が高いです。(何度か続けばそういう風に思ってしまうのも無理はないんですけどね。。。)

      だからボロを出さないように、出さないように、とミスを怖がりながら仕事をする。ミスを恐れる。ミスばかりに注意が向く。人間の脳はネガティブ・ポジティブを都合の良いように解釈しませんから、ミスを引き寄せる。

      よく言われてる「貧乏や病気にならない」=「貧乏・病気」に焦点が当たるので、そっちの方向に向かう、という定番のアレですね。この場合、「毎日、たまには寝込みたいのに全然できないくらい元気で困っている」くらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。笑

      てんさんのご家族が良い方向に向かいますように。(^^)

      ヒロユキ

      1. てん より:

        返信、ありがとうございます!
        私の思い込みが旦那さんに影響しないのは良かったです〜(^^;
        あとは本人の思考が今のやる気を保てるよう?見守る感じでいいのかな……
        ヒロユキさんの、引き寄せのやり方なんてない、のお話の通り、ただ日々のワクワクと感謝の気持ちで笑顔で過ごしていきたいと思います!ありがとうございます✨

  4. まぁ より:

    コメント

    2019.1.1の投稿にコメントさせていただいた、まぁです。
    このブログのおかげで、素敵な人とお付き合いすることになり、2019年上期は幸せの連続でした!ありがとうございます。
    しかし、10月に突然母を亡くし、そこからわたしのメンタルが不安定になって、下期はドン底中です…
    彼の仕事が忙しくなったり、まわりの結婚ラッシュで焦りを感じて空回りしたり、というのもあり、彼の気持ちが離れてしまい、最近は毎日していたLINEもなくなりました。
    毎日ワクワク過ごしたいのに、不安や悲しみの方が上回ってしまいます。
    引き寄せのことを無理矢理考えても虚しくなるばかり…毎日がしんどくて苦しくて…
    彼のことは好きです。
    ここまでどん底になったら、もう引き寄せの力に頼るのは難しいでしょうか?

  5. 蓮華 より:

    わぁー!!!ヒロユキさんッ!!!
    お久しぶりです&待ってましたー
    (*´꒳`ノノ゙☆パチパチパチパチ

    お元気そうで何よりです♪

    今回も分かりやすく素敵な内容
    ありがとうございます!
    人間なので喜怒哀楽当たり前!
    なので私も偽善者ぶらず
    イラつくことも
    悲しいことも
    苦しいことも全て受け止めるようにしてます
    最近じゃすっかり立ち直りも早く(笑)
    無趣味な私でしたが 今月からジム通い
    少しずつの変化を楽しんでます

    いやぁ今日はめっちゃ嬉しい
    ちょいちょい覗いては
    お元気かなーなんて思ってました
    次の更新を めーーっちゃ楽しみにしてますね←何気おねだり(笑)

コメントを残す

*